【Teamユキヤ通信】UAEツアー 第1ステージ新城幸也が新加入カヴェンディッシュと初共闘 「うまく連携を築いていければ」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 バーレーン・マクラーレンの新城幸也が2月23日より、中東のドバイ、アブダビを舞台に1週間で行われるUCIワールドツアーのステージレース「UAEツアー」に出場している。1月のオーストラリア遠征を終え、タイでの合宿に入っていた新城にとっては、約3週間ぶりのレースとなった。

左から2011年の世界チャンピオン、マーク・カヴェンティッシュ(イギリス)、新城幸也、エンリーコ・バッタリーン(イタリア)、エロス・カペッキ(イタリア)、ラファエル・バルス(スペイン)、ワウト・プールス(オランダ)、マルコ・ハラー(オーストリア)の6カ国7人の選手で構成された Photo: Cor Vos

 チームのメンバーは2011年の世界チャンピオン、マーク・カヴェンディッシュ(イギリス)をエーススプリンターに、ワウト・プールス(オランダ)で総合上位を狙うという布陣。新城以外の6選手は、全員今年からチームに新加入の移籍組だが、どの選手も経験、実績も十分なベテラン揃い、その中でも最年長となる新城はチームの中で、スプリントと、山岳の両方でのサポートを担う重要な仕事を与えられている。

総合優勝を狙うエースのワウト・プールス(右)を守りながら走る新城幸也 Photo: Cor Vos

 第1ステージはハイグレードブランドショップ、高級ホテルが立ち並ぶ人口島、パーム・ジュメイラをスタートし、ドバイ・シリコンオアシスでフィニッシュとなる平坦の148kmで行われた。

 トップスプリンターの競演となったゴールスプリントでカヴェンディッシュは15位、新城はトップと同タイム集団の中、60位で無事にフィニッシュしている。

 新城は次のように初日のレースを振り返った。

 「(カヴェンディッシュらと)初めてチームメートとして同じレースを走る緊張感はあったが、自分の仕事は変わりません。コミュニケーションも必要だし、このレースでうまく連携を築いていければいいと思っている」

 レースは29日までの7ステージで行われる。

この記事のコメント

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載