新製品情報2020サーファスからフロアポンプが3種類新発売 仏米バルブに切り替えなしで対応

  • 一覧
(左から)FP-200 AF-T3、FP-200 AF-T2、FP-200 AF-T1 © RITEWAY PRODUCTS JAPAN

 カリフォルニア生まれのサイクルパーツブランド「Serfas」(サーファス)から、フロアポンプが3種類発売された。いずれもポンピングが軽くて空気が入れやすく、切り替えなしに仏式・米式の両バルブに対応するシンプルバルブを装備している。空気圧メーターも標準装備で、スポーツバイクの細かな空気圧管理に対応する。

 今回登場したのは「FP-200 AF-T1」「FP-200 AF-T2」「FP-200 AF-T3」の3種類。

 最も低価格な「FP-200 AF-T1」は軽量ベースのため持ち運びがしやすく、全長も短いために小柄な人でもしっかり最後までポンピングが可能。90cmのロングホースで作業がしやすくなっている。

 「FP-200 AF-T2」はメタル製ベースプレートで、ぐらつきにくく安定して使用が可能。本体のストロークが長いため、軽い力で空気を入れやすくなっている。メーターは70mmの大径で見やすい。ホースは110cmと長く、前後タイヤや複数台の空気入れでも作業がしやすい。

軽くてコンパクトな「FP-200 AF-T1」 © RITEWAY PRODUCTS JAPAN
「FP-200 AF-T2」は、ストロークが長く空気を入れやすい © RITEWAY PRODUCTS JAPAN
「FP-200 AF-T3」は、入れ口に空気圧調整のためのリリースボタンが付く © RITEWAY PRODUCTS JAPAN

 「FP-200 AF-T3」は押しやすい大型エルゴノミックハンドルを装備し、しっかりしたメタル製のベースプレートで高圧でもガタつかず楽にポンピングが可能。ストロークが長いため、軽い力で空気を入れやすい。70mmの大径メーターが上部に備えられて空気圧が見やすいだけでなく、シンプルバルブにはリリースボタンが付いており細かい空気圧調整が容易に可能だ。105cmの長いホースで前後タイヤや複数台でも作業しやすくなっている。

■FP-200 AF-T1

税抜価格:2,600円
カラー:グロスブラック/ホワイトロゴ
最大空気圧:11気圧/160psi
高さ:670mm
参考重量:998g

■FP-200 AF-T2

税抜価格:3,600円
カラー:グロスブラック/グレーロゴ、グロスグレー/ブラックロゴ
最大空気圧:11気圧/160psi
高さ:730mm
参考重量:1315g

■FP-200 AF-T3

税抜価格:4,200円
カラー:グロスレッド/ブラックロゴ、マットブラック/ブラックロゴ
最大空気圧:11気圧/160psi
高さ:730mm
参考重量:1724g

この記事のコメント

この記事のタグ

サーファス フロアポンプ・携帯ポンプ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載