観戦時のマナーも解説相模原市が五輪観戦PR動画を公開 おすすめポイントなど紹介、與那嶺恵理選手も出演

  • 一覧

 神奈川県相模原市が東京2020オリンピック競技会における自転車ロードレース競技の実施に向けて、同市内の観戦ポイントや、競技の観戦マナーを普及させるためのPR動画『相模原で応援しよう!!』を制作・公開した。動画にはプロサイクリストの與那嶺恵理選手、人気YouTuberの水溜りボンドが出演している。

実際に相模原市内のコースを走った與那嶺恵理選手(動画よりキャプチャ)

 東京五輪の自転車ロードレースでは、相模原市内では約30kmがコースになる。與那嶺選手は同市内のロードレースコースを実際に走行し、プロ選手の視点から同市内でのレースの見どころを詳細に解説。自身の東京五輪出場も有力視されているだけに、本番を見据えたコメントに注目だ。

 水溜りボンドの2人は「相模原市内のオリンピックコースを走ってみた」と題し、こちらも実際に相模原市内のオリンピックコースを走行して、自転車ロードレース競技を体感した。

 相模原市内の大自然をスピーディーに、かつダイナミックに走行しているシーンは必見。動画制作はJazzy Sport代表で気鋭のクリエーターMasaya Fantasistaが担当。音楽は世界的な知名度を誇る音楽プロデューサー、DJ MITSU THE BEATSの完全オリジナル楽曲を使用している。また、動画の監修は、サッシャ・ベックレ氏が担当している。

サッシャ・ベックレ氏のコメント

 日本の自転車ロードレース界の転換点となるであろうオリンピックが、2020年の夏、いよいよ日本で開催され、世界のトップライダーたちが集まり、「真の」世界一を決める戦いを私たちの目の前で繰り広げます!!というのも、今回のコースは、歴代オリンピックの中で一番過酷とも予想されていて、このレースで勝つ選手は、運などではなく、本当の実力を持った選手になると言われているからです。そうさせるのは、スタートからフィニッシュまで変化に富んでいて休みのないコース。その意味で、どこで各選手が勝負に出るのかも未知数です。その先に厳しい登りが控えている相模原も穴場の勝負所となるかもしれませんし、前半のハイスピードを沿道で体感できる貴重な観戦ポイントになるかもしれません。本場ヨーロッパのように、これほどの大規模な交通規制を行って一般の道路でレースを行うことは、日本では画期的なことです。これをレガシーとして、この先、日本にも真の自転車ロードレース文化が根付くことを願うとともに、相模原の沿道で応援した子供たちの中から将来の世界チャンピオンが誕生することを期待しています!!

この記事のコメント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載