カワシマサイクルサプライ「RIOSHOW」展示会真っ赤な“レーゼロ”が登場 玉虫色の「ドグマ」にも注目が集まる

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 国内外の自転車パーツブランドを取り扱うカワシマサイクルサプライが製品展示会を開催した。会場にはフルクラムの人気ホイール「レーシングゼロ」や、ピナレロ「ドグマF12」の新色が並び注目を集めていた。

“レーゼロ”こと「レーシングゼロ コンペティツィオーネ DB」に新色が追加 Photo: Shusaku MATSUO

 カワシマサイクルサプライの展示会「Rioshow」は春と秋に開催されており、主にパーツブランドの注目製品が展示される。一般に開かれた展示会ではなく、プロショップのスタッフが対象で、春のサイクリングシーズン到来を前に店舗に並べる商品を熱心に選定する来場者で賑わった。

ディスクブレーキ仕様となり、リムの際まで色付けが施された Photo: Shusaku MATSUO

 なかでも注目を集めたのがリムやスポークまで真っ赤な装いとなったフルクラムのアルミフラッグシップホイール「レーシングゼロ コンペティツィオーネ DB カスタム」だ。通称“レーゼロ”の愛称で知られるこのホイールは、2007年に初代が登場して以来、プロ選手からホビーレーサーまで幅広い層に支持を受けている。ディスクブレーキ仕様が昨年末に登場していたが、今回このモデルに新色が追加された。

ブラックスポーク仕様もラインナップ Photo: Shusaku MATSUO
ハブはブラックに。CULTのセラミックベアリングが内蔵 Photo: Shusaku MATSUO

 リムはレーザーでエッチングされたうえ、アルマイト加工が施されたロゴが入り、高級感が漂うものに。リムにシューが当たらないディスクブレーキ仕様ということで、リムの際まで赤い装いになった。スポークはレッドだけでなく、ブラック仕様もラインナップ。ハブはどちらもブラックで、CULTのセラミックベアリングが用いられている。

■フルクラム「レーシングゼロ コンペティツィオーネDB カスタム」

税抜価格:178,000円
重量:1570g
CULTベアリング、2WAY-FIT

SNSで話題の新色も展示

 ピナレロのフラッグシップロードバイク「ドグマF12」の限定カラーも展示されていた。ボレアリスブルーパープルと呼ばれるカラーは、同ブランドのファウスト・ピナレロ代表が駆る愛車と同じもの。ピナレロイタリアのSNSで反響があり、受注生産として販売が始まった。

ピナレロ「ドグマF12」に新色ボレアリスブルーパープルが追加 Photo: Shusaku MATSUO
曲線を多用するドグマF12のフレームにマッチした新色 Photo: Shusaku MATSUO

 光の角度によってピンクからパープル、ブルーやグリーンに変色する特殊な塗料を使用しており、見る立ち位置が少しずれるだけで大きく色が変化して見えるのが特徴。ドグマF12のフレーム曲線とマッチし、色鮮やかなで上質な雰囲気を醸し出していた。ドグマF12とドグマF12 Xlightのリムブレーキ仕様、またディスクブレーキ仕様の同モデルでオーダーが可能。

■ピナレロ「ドグマF12」 ボレアリスブルーパープル(フレームセット)

税抜価格:991,000円(リムブレーキモデル)、1,021,000円(ディスクブレーキモデル)、 1,191,000円(リムブレーキモデル)、1,221,000円(ディスクブレーキモデル)

3Dプリントサドルの発売時期が決定

 デジタル3Dプリント技術を使ったフィジーク「バーサスEVO 00 アダプティブ」の発売時期が5月と正式にアナウンスがされ、価格は4万8000円(税抜)と発表された。このサドルはカーボン社によって開発された3Dプリントテクノロジー「Digital Light Synthesis」を使用し作成。紫外線によって硬化された柔軟性のある樹脂をサドル上に形成し、圧力分布によって異なる最適な密度で構成されている。レギュラーサイズで147g、ラージサイズで154gと快適性と軽さを両立しているのも特徴。すでにワールドツアーでプロ選手も試しており、評価は上々とのこと。

3Dプロント技術を用いたフィジーク「アンタレス バーサス00 アダプティブ」 Photo: Shusaku MATSUO

 フィジークからはショートノーズサドル「アルゴ」シリーズに、エントリーグレードの「R5」モデルが追加された。アルゴにはレーシングモデルの「ヴェント」と、パッドをやや厚めにした長距離向けの「テンポ」がラインナップされており、それぞれにR5モデルが加わったかたちだ。価格はヴェントR5が1万1600円(税抜)、テンポR5が1万800円(税抜)と手の届きやすい価格に設定された。

フィジークのショートノーズサドル「アルゴ」にエントリーモデルのR5が追加 Photo: Shusaku MATSUO
テストサドル設置店が全国に続々と広がっている Photo: Shusaku MATSUO

 アルゴは全国のフィジークの取扱店でテストサドルを続々と展開している。テストサドル設置店は下記のリンクから参照してほしい。

この記事のコメント

この記事のタグ

新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載