乗り手のカスタム次第で化ける1台ANCHOR初のディスクロード「RL6D」で広がるロングライドの楽しみ方

by 石川海璃 / Kairi ISHIKAWA
  • 一覧

 最近のスポーツサイクルは1台で様々なシチュエーションの道を走れるように変化してきている。ANCHOR(アンカー)初のディスクブレーキロードバイク「RL6D」もその1台だ。広めのタイヤクリアランスと、様々なものが取り付けられる3カ所のボトルケージ穴は、自転車の楽しみ方を広げる。今回は楽しみ方の1つとして「RL6D」をプチカスタムし、早春の三浦半島で今流行りのデイキャンプに初挑戦した。

「RL6D」にプチカスタムを加え、今流行りのデイキャンプに挑戦した Photo: Kenta SAWANO

様々な楽しみ方できる「アクティブライン」

 近年のロードバイクはフレームの素材・形が自由に変えられるようになり、さらにディスクブレーキを搭載した結果、太いタイヤを装着するなどカスタム次第で色々な場面で遊べる自転車になった。

 ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド、アンカーから登場した「RL6D」もその1台。同ブランドは昨年から、競技志向の「レーシングライン」と、様々な楽しみ方にフォーカスした「アクティブライン」の2ラインを展開しているが、「RL6D」は後者に当たる。

同社初のディスクブレーキロード「RL6D」 Photo: Kairi ISHIKAWA

 「アクティブライン」はカラーリングが特徴的で、2色のグラデーションパターンを使った通称「フェードスタイル」がラインナップされている。

 走行性能も妥協はない。レース活動の中で培った特殊なフレーム開発技術「プロフォーマット」を用いて、ライダーの力をロスなく伝え、快適かつ上質な走りを追求している。

グラ―デーションカラーのフェードスタイル Photo: Kairi ISHIKAWA

 「RL6D」 はリムブレーキモデル「RL6」をベースに改良を加えたアルミ製で、ディスクブレーキを搭載する。トップチューブは扁平形状で、シートステーは弧を描くようなデザイン。フロントフォークはリムブレーキモデルのバランスを踏襲した設計で、快適性・振動吸収性を高めている。

 またボトルケージ台座が合計3カ所あるうえ、最大32Cのタイヤを履けるクリアランスを取るなど、コンセプト通り様々な拡張性がある。

ダウンチューブ下部にも台座が配される Photo: Kairi ISHIKAWA
標準の28Cのタイヤを付けた状態。車体は最大32Cのタイヤを履けるクリアランスを設けている Photo: Kairi ISHIKAWA

 完成車はシマノ105の油圧式ディスクブレーキを装備したモデル、ティアグラの機械式ディスクブレーキを装備した2種類をラインナップ。これに加え、フレームセットも販売されている。

デイキャンプ向けのお手軽カスタム

 バイクに拡張性があれば楽しみ方も広がる。今回は「デイキャンプ」をテーマに簡単なカスタムを施した。道中で食材を揃え、景色のいい場所で調理して食べるのが目的だ。

 15Lの大容量サドルバッグと9Lのハンドルバーバッグを使ったバイクパッキングスタイルを選択。バックパックを背負わなくても十分な容量を備え、キャリアの取り付けなど、煩雑な作業をしなくて済むので気軽にデイキャンプを楽しめる。

主にキャンプ用品を収納した大型サドルバッグ Photo: Kairi ISHIKAWA
途中で食材を入れる予定のハンドルバーバッグ Photo: Kairi ISHIKAWA
ホットサンドメーカー、シングルバーナー、ウインドスクリーン、クッカー、ミニテーブル、皿、マグカップ、銀マットをサドルバッグに収納した Photo: Kairi ISHIKAWA

 重量増に伴い、タイヤを太いものに交換した。「RL6D」の105モデルは標準で28Cのタイヤが装着されているが、32Cに変えてさらに乗り心地が良くなった。メーカーが推奨する上限のサイズだが、フレームとタイヤの間には十分なクリアランスが確保されている。

「RL6D」カスタムの一例。お手軽にデイキャンプできるようにバイクパッキングスタイルを選んだ Photo: Kenta SAWANO

 3つあるフレームの台座にはそれぞれボトルケージを取り付けた。ダウンチューブ上にボトル、その下に輪行袋をセット。シートチューブ側にツール缶を差し込んだ。これでいよいよデイキャンプの準備が整った。

様々なシーンで発揮する性能の良さ

 サイクリングの舞台は神奈川県の三浦半島。雄大な海の景色と丘陵が広がり、関東のサイクリストにおなじみのサイクリングスポットだ。電車で輪行し、京急・三浦海岸駅から食材探しの旅に出発した。

 スタートしてしばらくは舗装路だったが、キャベツ畑の間の農道に入ると、路面は荒いコンクリートになった。細いタイヤならガタガタするところだが32Cのタイヤを履いた「RL6D」は快適に走る。キャンプ用品を積んでいるにもかかわらず、路面から伝わってくる振動はほとんど感じない。ロングライド向けの乗り味に加え、太めのタイヤに変えた効果を感じることができた。

少し路面の荒い道でも太いタイヤのおかげでストレスなく走れる Photo: Kenta SAWANO

 キャベツ畑を越えて少し走ると、最初の目的地のパン屋さんに到着。昼食用の食パンを買ってハンドルバーバッグに詰め込むと、再びペダルをこぎ出し海岸に向かった。

畑には収穫時期を迎えたキャベツが並ぶ Photo: Kenta SAWANO
サイクリングの途中でパンを購入し、ハンドルバーバッグに入れた Photo: Kairi ISHIKAWA
軽い力でしっかりとブレーキが働くのは大きなメリットだ Photo: Kenta SAWANO

 海岸線までの道のりは急勾配のアップダウンが連続。下りでは、いつでも止まれるようにレバーを握る力を強めたが、軽い引きでしっかりとブレーキパワーを発揮。リムブレーキはしっかりと握らないと減速しないが、油圧のディスクブレーキは重いキャンプ用品を積んでいても問題なし。人差し指と中指の指2本で軽く握っただけでしっかりと減速でき、安心して下ることができた。

 海岸線では海の景色を間近で見ようとレンガ敷きの道を走行。石の継ぎ目が多いでこぼこの地面でも車体は安定し、景色を眺めるのに集中できた。

砂が散らばり、凸凹した路面でも安定して走る「RL6D」 Photo: Kenta SAWANO

様々な楽しみ方ができる一台

 海沿いの道を冒険していると、人気のない静かな砂浜にたどり着いた。自転車を停め、キャンプ用品を取り出して組み立てベースキャンプを完成。あとは、楽しみにしていた初めての『お一人様アウトドアクッキング』の時間だ。

初のアウトドアクッキングに心躍った Photo: Kenta SAWANO

 ホットサンドメーカーでベーコンを挟んだパンを焼き、お湯を沸かしてコーヒーを入れる。

 文字にすれば簡単なのだが、初めての出来事は全てが新鮮だ。慣れない手つきで作ったサンドは決して美味しそうな見た目とは言えないし、コーヒーもインスタント。でもサイクリングをしながら食材を揃え、調理する非日常感は、おいしさを引き立てるスパイスになる。一緒に走った「RL6D」、そして綺麗な景色を見ながら食べる料理は簡単なものでも最高においしくなるはずだ。

 今回はデイキャンプをメインに考えたカスタムだったが、キャリアを付ければ、宿泊込みの自転車旅だって楽しめる。32Cのタイヤを履いても十分なクリアランスがあるのも見逃せない。フレームにタイヤが干渉するなどのトラブルの心配をせず、走行シーンに合わせたタイヤを選ぶことができる。乗り手次第でどんなシチュエーションでも走れそうなポテンシャルの高いバイクだった。

28Cを付けた状態。まだまだクリアランスに余裕がある Photo: Kairi ISHIKAWA
メーカー推奨の上限、32Cのタイヤを付けた状態でもフレームとタイヤの間には十分なクリアランスを確保 Photo: Kairi ISHIKAWA

 スポーツサイクルを買って何をしたいか、どういった楽しみ方ができるのかを模索している初心者にオススメの1台と言えるだろう。

アウトドア要素を取り入れたサイクリングは普通に走るのとは違った楽しみがある Photo: Kenta SAWANO

 注文時にステムの長さやハンドル幅などを無料で変えられる点、追加料金を払えばパーツのアップグレードや好みの色に変更できるカラーオーダーに対応するのも魅力の一つ。すでにバイクを持っているユーザーにもセカンドバイクとしてもおすすめできる1台だった。

 (提供:ブリヂストンサイクル)

■RL6D

税抜価格:170,000円(ティアグラ)、215,000円(105)、105,000円(フレームセット)
サイズ:420、450、480、510、540mm
カラー:フェードスタイル(3色)、シンプルスタイル(32色×3コーティング)から選択可能

この記事のタグ

10~20万円 アンカー ディスクロード ブリヂストンサイクル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載