サイクリスト専用列車でお得にアクセス“ハルヒル”往復にB.B.BASEが今年も群馬へ運行 輪行不要で直通、片道のみ利用も可能に

  • 一覧
JR東日本のサイクルトレイン「B.B.BASE」(JR東日本高崎支社提供)

 JR東日本のサイクルトレイン「B.B.BASE」(ビー・ビー・ベース)が、今年も5月17日(日)に群馬県で開催される「榛名山ヒルクライム in 高崎」に合わせて、都内からのアクセス列車として群馬へと運行される。乗車のための「びゅう旅行商品」が発売中だ。今年から片道のみの乗車が可能になり、また途中さいたま市内の宮原駅にも停車。より利用しやすくなった。

 B.B.BASEは「BOSO BICYCLE BASE」の略で、自転車を解体することなく、車内の専用ラックに愛車をセットし、そのまま一緒に乗車できる自転車&サイクリスト専用列車だ。普段は千葉県房総エリアで運行されているが、今年4月から6月まで実施の「群馬デスティネーションキャンペーン」に合わせて、東京・総武本線両国駅を起点に群馬・高崎駅へと直通する。

「ハルヒル」の愛称で親しまれている榛名山ヒルクライム in 高崎(JR東日本高崎支社提供)
ハルヒルは初心者からエキスパートまで、幅広く楽しめる人気の大会だ(JR東日本高崎支社提供)
B.B.BASE車内にはサイクルラックが設置され、愛車を分解せずにそのまま乗車できる(JR東日本高崎支社提供)

 旅行商品代金は往復5500円、片道3500円(宮原駅利用時は片道につき400円引き)。東京〜高崎を新幹線自由席で往復した場合の料金が8980円なので、首都圏からお得にアクセスができる。またいずれの商品も、高崎駅構内のお土産処「群馬いろは」で利用できるクーポン券が、1000円分付いてくる。なお宿泊・食事と、ヒルクライム大会参加の費用・申込みは旅行商品には含まれず、いずれも別途となる。

 往路は5月16日(土)に運行。利用者限定で高崎駅到着後、専用出口外に特設受付ブースで大会受付を実施するため、高崎駅東口での受付が不要となり便利だ。復路は17日(日)の大会終了後の運行。早めに帰りたい人は往路のみ利用で、帰りは新幹線、という使い方も今年から可能になった。

B.B.BASEで行く!榛名山ヒルクライムin高崎

■行程(予定)
往路 2020年5月16日(土)両国駅⇒宮原駅⇒高崎駅
復路 2020年5月17日(日)高崎駅⇒宮原駅⇒両国駅
※「第8回榛名山ヒルクライム in 高崎」会場までのご移動はお客さまご自身でお願いいたします
■募集定員:各日90名(最少催行人員1名)
■食事条件:食事なし
■旅行代金:おとな【両国駅発往復】5,500 円(宮原駅発着は 800 円引き)
【両国駅発高崎駅着片道】3,500 円(宮原駅発は 400 円引き)
【高崎駅発両国駅着片道】3,500 円(宮原駅着は 400 円引き)
※宿泊商品の設定はございません
※こどもの設定はありません
■申込先:インターネット限定/えきねっと「JR東日本国内ツアー」
のってたのしい列車旅 B.B.BASE https://www.eki-net.com/travel/train/#bbbase
■旅行企画・実施:株式会社びゅうトラベルサービス
※申込み方法等の詳細につきましては、高崎支社ホームページにてご確認ください。
※旅行商品のみの販売となります。

この記事のコメント

この記事のタグ

サイクルトレイン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載