初会合ではパンフレット制作が決定サイクリングを軸に琵琶湖と富士山をPR 滋賀、静岡、山梨の3県が広域連携

  • 一覧

 琵琶湖と富士山を抱える地域同士が、自転車を軸に連携するための意見交換会が2月6日、滋賀県守山市の琵琶湖マリオットホテルで開かれた。財務事務所を仲介役に滋賀と静岡、山梨の3県の官民の関係者20人が出席した。

2月6日に滋賀、静岡、山梨の3県による「琵琶湖富士山サイクリング意見交換会」が守山市で開催された 提供:守山市

 同会議は日本最大の貯水量と面積を誇る琵琶湖、国内最高峰の富士山、ともに「日本一」の強みを生かしたルート連携により、サイクリングを軸に観光誘致や情報発信の相乗効果を目的としたもの。守山市が財務省に提案したことがきっかけとなり実施された。

 初の会合では共通のパンフレット制作が決定。そのほか、走行環境整備の課題やノウハウの共有、両ルート走破者への記念グッズなどが検討された。

 今後連携の主体となる「ぐるり富士山風景街道」の田中孝治・サイクルネット研究会座長は「琵琶湖、富士山は日本の象徴。この連携を通して自転車を楽しむ人をさらに増やしていきたい」と意気込んだ。

橋本財務事務所長が会の冒頭で挨拶 提供:守山市

 同会議を主催した近畿財務局大津財務事務所の橋本博紀所長は「地方創生の取組が全国で進む中、3県をまたぐ連携を通して、それぞれの地域はもちろん、日本全体が元気になってほしい。こうした意見交換会が、そういう将来的な目的、地域活性化につながることを期待している」と語った。

 「ビワイチ」は琵琶湖を一周する約193kmのコース。2019年11月に国土交通省からナショナルサイクルルートに指定された。「フジイチ」は富士山山麓を回る約146kmのルート。2020年東京五輪の自転車競技・ロードレースのコースに一部採用された。今後、3県をまたぐ取り組みに期待が高まる。

この記事のコメント

この記事のタグ

サイクルツーリズム 山梨県 滋賀県 静岡県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載