バイクインプレッション2020プロチームも実戦で使うアルミロード スペシャライズド「アレー スプリント コンプ ディスク」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 今週のバイクインプレッションコーナーでは、スペシャライズド「アレー スプリント コンプ ディスク」を紹介。アルミならではの瞬発力と、数字に裏打ちされたエアロ効果を発揮するレーシングバイクだ。

スペシャライズド「アレー スプリント コンプ ディスク」 Photo: Masami SATOU

ターマックと同等のフォークを装着

 オールラウンダーの「ターマック」、エアロロードの「ヴェンジ」を投入し、レースシーンをリードするスペシャライズド。昨年はドゥクーニンク・クイックステップとボーラ・ハンスグローエのUCIワールドチームの2チームにバイクを供給し、100勝以上の戦績を挙げた。今季も2チームが既に勝利を挙げている。

自社の風洞実験を経てデザインされた形状が各所に採用 Photo: Masami SATOU

 選手からも高い評価を得る2機種のエッセンスを受け継いだのが「アレースプリント」だ。フレームは同社の高品質アルミ素材であるE5で構成。シートチューブをはじめ、風洞実験を経てエアロ効果が得られるようデザインされている。ここにターマックSL6と同じフロントフォークが、また、ヴェンジと同じシートポストが用いられ、戦闘力が高められた。

 今回試したのはアレースプリントのディスクブレーキモデル。トレンドの12mmスルーアクスルがホイールを貫き、フラットマウントのキャリパーが前後に装着される。メインコンポーネントはシマノR7000系の105で構成されている。

フロントフォークはSL6と同様のファクトカーボン製 Photo: Masami SATOU
金属ならではの鋭いを実現させるマッシブなBB周り Photo: Masami SATOU

その名の通りスプリンター

 気になる乗り味は、名前の通り瞬発力に優れたスプリンターであった。金属フレームならではのダイレクトな加速が印象的だ。乗る前にはアルミでディスクブレーキという構成のため、重量はいかがなものかといささか気になったが、踏めば強く背中を押してくれるので杞憂に終わった。2〜3%ほどの上りであれば推進力に打ち消されるだろう。410mmというレーシーなチェーンステー長が、キビキビとした運動性能を発揮していた。試した車体はアルミホイールが装着されていたので、カーボンホイールに履き替えればまた印象が変わるかもしれない。縦剛性が高いディープリムであればさらに加速力が高まるだろうか。

レースでも一線級のパフォーマンスを発揮できるポテンシャルを持つ Photo: Masami SATOU

 ハンドリングもいい。コーナリングのニュートラルな反応だけでなく、スプリントをかけて車体を激しく振ってもぴしゃりと挙動を抑え、ライダーの意図通りにコントロールができる。さすがターマックのフォークを採用しているだけのことはある。ヴェンジほど挙動はシビアではないので、ビギナーでも扱いやすいだろう。

 フレーム価格で15万4000円(税込)という価格ながら、今年のUCIワールドツアーの開幕戦「ツアー・ダウンアンダー」の前哨戦「シュワルベ・クラシック・クリテリウム」でも使われたというアレースプリント。圧倒的なコストパフォーマンスももちろん、カラーバリエーションとクオリティが高いのもポイントだ。限定カラーもたびたび登場しているのでチェックしてほしい。

■スペシャライズド「アレー スプリント コンプ ディスク」

税込価格:242,000円(完成車)
サイズ:49、52、54、56、58
メインコンポーネント:シマノ R7000系105

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

スペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイク

アルミバイク スペシャライズド バイクインプレッション ロードバイク

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載