title banner

「おおやようこの自転車あそび」<14>カジュアルな服装でもOK サイクリングに最適なデニムパンツを紹介

  • 一覧

 こんにちは。おおやようこです。普段自転車に乗る時はどんな服装をしていますか? 自転車の乗り方は様々で、タイトなウェアを着て距離を走ったり強度を意識したりする時もあれば、目的地で過ごす時間の方が多いまったりサイクリングをする時もあります。乗り方によって様々な服装が選択できるのも自転車の魅力です。

サイクリングに最適なデニムを紹介! Photo: Takuto YOSHIDA

自転車乗りに嬉しい心遣い

 私は自転車を買ったばかりの頃は普段着で乗っていましたし、今でも距離が短ければそうしています。初めてスポーツバイクに乗った時はスキニーデニムを履いていました。そのまま50km走り、最後はおしりが痛くてダンシング三昧、生地に擦れた膝の後ろが真っ赤になったのは今になっても苦い思い出です。また、膝の周りの生地が突っ張ったり背中が出てしまったり…。普段から着られる服が自転車に乗りやすい仕様だったらいいのになと感じることが多々あります。今回はそんな思いに応えてくれる、自転車乗りに最適なデニムをご紹介します。

細身ながらストレッチが効いて履き心地の良い「カジュアルパンツハイテンションストレッチデニム」 Photo: Takuto YOSHIDA

 紹介してくださったのは、自転車ウェアブランド「カペルミュール」の吉田卓人さんです。4年近く愛用しているという「カジュアルパンツハイテンションストレッチデニム」を見せてもらいました。デニムの聖地である岡山県の児島で生産されたデニム生地を使用しているそうで色落ちもよい味わいになっています。シルエットは細身ですが、ストレッチの効いた生地と動きを考慮した立体裁断によりペダリングがしやすくなっているそうです。サドルが当たる部分が二重になっていたり、バックポケットにリフレクティブタブがついていたりと自転車乗りへの心遣いが嬉しいですね。

 自転車に快適に乗れる服装は、軽い運動も行いやすい服装です。自転車に乗るかもしれない時、街歩きもする時、選んでおけば間違いないアイテムと言えます。まさに生活と共にあるデニムだと感じました。

岡山県にあるデニムの聖地、児島で作られています Photo: Takuto YOSHIDA
4年履いて自然な風合いに色落ちした吉田さんの私物 Photo: Takuto YOSHIDA

 自転車に乗らない日も、自転車に快適に乗れるカジュアルな服装をすることで「やっぱり少し乗ろうかな」と思った時にフットワークが軽くなり、楽しいサイクリングができるかもしれませんね。

この記事のコメント

この記事のタグ

おおやようこの自転車あそび

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載