S-WORKSの重量は12.2kgにスペシャライズドがe-ロードバイク「ターボ クレオSL」をお披露目 

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 スペシャライズドがロードバイク型のe-BIKE「ターボ クレオSL」を国内向けに発表した。電動アシストユニットには自社で手掛けた小型モーターを搭載。最上級のS-WORKSグレードの完成車で12.2kgの重量に抑えられている。

最上級グレードの「S-WORKS ターボ クレオSL」 Photo: Shusaku MATSUO

モーターと車体を同時に開発

 e-BIKEの開発を早くから進めてきた同社は、2012年モデルとしてクロスバイクタイプの「ターボS」を発売。当初はリアハブモーターを用いて、重量も24kgを超える重さだった。その後、モーターをクランク軸内へと移し、小型軽量化が図られ、劇的に運動性能が向上。クレオSLに搭載されたSL1.1モーターはわずか1.95kgに抑えられている。なおかつ、最大240ワットのアシスト力を発揮するパワフルな仕様だ。

1.95kgと超軽量かつパワフルなモーターを自社で開発した Photo: Shusaku MATSUO

 SLモーターはただ軽いわけではない。同社がユーザーの走行データを解析し、ユーザーの多くは最高出力ばかりを追い求めてはいないことを発見。必要な分のパワーはそのままに、出力特性をバランス重視に設定した。当然、日本の法律に沿った特性をもちあわせている。クレオSLは最大130kmの航続距離を誇るうえ、拡張バッテリーとしてボトルケージに搭載でき、最大65km分の走行距離を追加できる「レンジエクステンダー」(別売り)も用意される。

手前が新開発のモーター「SL1.1」で奥が旧モデルの「GEN.1」 Photo: Shusaku MATSUO
トップチューブ状のボタンで電源やモード選択が可能。バッテリーの残量も表示 Photo: Shusaku MATSUO

 また、車体にはBluetoothとANT+の通信規格で外部のデバイスと接続可能な「ターボコネクトユニット」が搭載。スマートフォンのアプリ「ミッションコントロール」と接続することで、ライドの記録や履歴の確認、バッテリーの充電サイクルや回数の把握、エラー診断など総合的に車体を管理することが可能に。走る距離と残したいバッテリー残量から自動的にアシストレベルを調整するモード設定も備えられている。

フロントフォークにはサスペンション機構「フューチャーショック」を採用 Photo: Shusaku MATSUO

 電動アシストユニット以外の骨格もロードバイクとして妥協はない。グラベルロード「ディヴァージュ」のジオメトリーをもとに、オールラウンダー「ターマック」の操作性を実現。また、「ルーベ」のフロントフォークにも採用されているサスペンション機構「フューチャーショック」もクレオに取り入れられている。

BB上の専用ポートから内蔵バッテリーへ充電する Photo: Shusaku MATSUO
別売りの拡張バッテリー「レンジエクステンダー」はボトルケージに固定する。最大65kmの距離を追加してアシストが可能 Photo: Shusaku MATSUO

S-WORKSとフレームは共通に

 カーボンフレームモデルにはFACT 11rカーボンが用いられた。S-WORKSとセカンドグレード以下のカーボンモデルは、同一のフレームとなり、違いはコンポーネントなどの構成部品のみとなる。グラベル走行を想定し、セミブロックタイヤやドロッパーシートポストが装着された「ターボ クレオ コンプ カーボンEVO」も発表された。

グラベルロードの「ターボ クレオSL エキスパートEVO」はフレアハンドルが装着 Photo: Shusaku MATSUO
グラベルモデルはドロッパーシートポストも標準装備に Photo: Shusaku MATSUO
日本のe-BIKE市場をチャンスと捉える小松亮代表 Photo: Shusaku MATSUO

 今回の発表に際し、スペシャライズドジャパンの小松亮代表は日本のe-BIKE市場について「競争相手が少なく、過去最大の機会」と捉え、これまでに培ってきたパフォーマンスバイクの技術とブランド力を注力していくことを明かした。クレオだけでなく、新たなモデルの投入も積極的に行うという。

 発表会と同日に開催されたメディア向け試乗会では、ハイエンドモデルのS-WORKSのほか、セカンドグレードの「ターボ クレオSL コンプカーボン」の走行性能を実走でチェックした。その模様は今後、バイクインプレッションコーナーでお届けする。

ターボ クレオは今後バイクインプレッションコーナーで紹介する Photo: Shusaku MATSUO

■S-WORKS ターボ クレオSL

税抜価格:1,350,000円
サイズ:S、M、L、XL、XXL
メインコンポーネント:シマノR9170系デュラエース
前後ホイール:Roval「CLX50 DISC」
重量:12.2kg

■ターボ クレオSL エキスパート

税抜価格:900,000円
サイズ:S、M、L、XL、XXL
メインコンポーネント:シマノR8070系アルテグラ
前後ホイール:Roval「C38 DISC」

■ターボ クレオSL コンプカーボン

税抜価格:670,000円
サイズ:S、M、L、XL、XXL
メインコンポーネント:シマノGRX RX810系
前後ホイール:Roval「DT-R470」Boost

この記事のタグ

スペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイク

e-BIKE スペシャライズド ロードバイク

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載