新製品情報“旅”を楽しむ日常を提案 「リンプロジェクト」が春夏の新作を発表

  • 一覧

 「自転車とする旅」をテーマにサイクルアパレルやグッズを展開するリンプロジェクト(rin project)が、2013年春夏シーズンの新作を発表した。サイクルライフの現場から生まれた製品は、使い心地に配慮され、長く愛用できるものが揃っている。

リンプロジェクトのカスタマーショップで、最新製品を直接見ることができるリンプロジェクトのカスタマーショップで、最新製品を直接見ることができる
クレープ×マドラスのサイクルパーカー。フロントはマドラスチェック(12,600円)クレープ×マドラスのサイクルパーカー。フロントはマドラスチェック(12,600円)
クレープ×マドラスのサイクルパーカー。バックはクレープ生地となっているクレープ×マドラスのサイクルパーカー。バックはクレープ生地となっている

 新製品の目玉の一つが、「クレープ×マドラス」のシリーズ。人気のステテコシリーズを昇華させたものだという。

 生地に使われている綿クレープは、緯糸に強い撚りの入った素材で、生地に凸凹がある、いわゆる「ステテコ」に使用されるもの。肌と点で接触するために、綿素材だがベタ付くことが少ないという。薄手で乾きやすく、サイクルウェアにも最適だ。前部はマドラスチェック柄で、お洒落に着こなせる。パンツやパーカー、シャツが3月~5月末に新発売。綿クレープのシャツは、無地やボーダーのものもラインナップに加わる。

 また、これまで秋冬向けにツイード生地で作っていたサイクルニッカボッカを、春夏向けに麻混の綿素材にしたものが新登場。裏地も省略して、軽くシャリ感のある仕上がりとなっている。

 面白いグッズとしては、ボディバッグがある。通常はショルダーあるいはウエストバッグとして使用するが、外出先で荷物が増えた場合に便利な収納式ナップサックを内蔵している。また同じコンセプトのバックパックポケットも新登場。普段はリュックの肩ひもに付ける小物入れとして機能するが、取り外して内蔵の巾着袋を引き出せば、ショルダー仕様にすることができる。

買い物など急に荷物が増えたときに、ボディバッグ(10,500円)の内蔵ナップサックを引き出して使うことができる買い物など急に荷物が増えたときに、ボディバッグ(10,500円)の内蔵ナップサックを引き出して使うことができる
アルミ蒸着フィルムを使用したショッピングパニア(8,190円)アルミ蒸着フィルムを使用したショッピングパニア(8,190円)

 日常で使うサイドバッグの新提案として、銀色がまぶしいショッピングパニアを新発売。建築資材として使われているアルミ蒸着フィルムを素材に活用。かなり丈夫なものになっているという。左右がつながっているので、リアキャリアがあれば簡単に取り付けることが可能だ。

カスタマーショップを浅草通り沿いに移転

上野から浅草に向かう大通りに面し、入りやすくなったカスタマーショップ上野から浅草に向かう大通りに面し、入りやすくなったカスタマーショップ

 リンプロジェクトでは、直営のカスタマーショップを昨年12月に浅草通り沿いに移転オープンした。もちろん商品購入が可能で、シーズン外の商品も取り扱う。カスクのサイズオーダーやパンツの裾直しなどのサービスも行っている(別途手数料が必要)。

 また、カスタマーショップはショールームの役割も果たし、自転車やアパレルの販売店向けに、ウェアなど商品販売の方法を提案していくという。

 数台だがレンタサイクルが用意され(傷害保険込みで1日1575円)、休日のサイクリング会や、平日夜にはパンク修理や輪行講座などのワークショップも行っている。ツーリングの相談も受け付けるなど、自転車旅の間口を広げる総合的なサイクリング・ステーションとなっている。

ツーリングバイクを使用する伝統的なスタイルの提案ツーリングバイクを使用する伝統的なスタイルの提案
レンタサイクルも用意される。ビンテージバイクをレストアしたものだレンタサイクルも用意される。ビンテージバイクをレストアしたものだ

 
リンプロジェクト ウェブサイト
 

この記事のタグ

リンプロジェクト

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載