大会・イベント情報2020加古川河川敷で関西シクロクロス特別戦が3月1日に開催 初心者向け、子供向けイベントも

  • 一覧
冬場の人気サイクルスポーツ「シクロクロス」が兵庫県加古川市で開催 Photo: Bicycle Project

 兵庫県加古川市の加古川大堰上流河川敷で3月1日(日)、関西シクロクロスの特別戦として「加古川シクロクロス大会2020」が開催される。2月16日まで参加者を募集中。大会前日の2月29日(土)には初心者向けのシクロクロス体験会も実施する。

 シクロクロスとは、ロードレース選手の冬季トレーニングとして始まったオフロード形式の自転車競技。ヨーロッパで盛んに行われており、自転車に乗って走るだけでなく、ときには自転車を押したり担いだりする個所があるのが特徴。競技時間が30〜60分と比較的短時間であるため、アマチュアでも本格的に取り組みやすいのも魅力だ。

AJOCC公認、兵庫県下では初の“関クロ”

大会会場となる加古川大堰上流河川敷。スピードコースとなることが予想される Photo: Bicycle Project

 関西シクロクロス大会は、毎年10月~翌2月の間に関西地域で開催されているシリーズ戦。これまで兵庫県下では開催されていなかったが、2020年の加古川市制70周年を記念して、来年度からシリーズ戦を誘致するため、今回プレ大会として開催される。

 大会当日は、子供向け(3〜12歳対象)の無料オフロード走行体験広場も用意する。自転車とヘルメットの貸出しも行う。また当日は、「加古川かつめし」「明石玉子焼」「高砂にくてん」が出店する地域振興イベントを併催する。

「加古川かつめし」は昨年11月に開催されたB-1グランプリ全国大会にて6位入賞を果たした全国区のB級グルメ。参加選手にはグルメコーナーで使える500円チケットをプレゼントする(大会実行委員会提供)

 特別戦であるがAJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会)公認レースとして行われ、AJOCC共通カテゴリーの昇格降格基準の対象レースとなる。初心者クラスや2学年区切りの小学生クラス、エキシビションの仮装クラス、参加費無料の未就学児クラスも用意されている。

 前日の初心者向けイベントは、自転車やヘルメットのレンタルもあり、気軽にシクロクロスを体験できる。午後1時半、2時半、3時半の3回開催で、各回30分を予定。事前申込制で、参加費は500円となる。

加古川シクロクロス大会2020~関西シクロクロス特別戦~


■開催日時:2020年3月1日(日)8時~16時
■開催地:加古川大堰上流河川敷(東側)内 〒675-1205 兵庫県加古川市八幡町中西条
■参加費:500~2,000円
■共催:兵庫県東播磨県民局、加古川市
■エントリーサイト:https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/81937
■その他:大会エントリー者には、「加古川かつめし」、「明石玉子焼」、「高砂にくてん」のいずれかの店舗で利用できる500円の飲食チケットをプレゼント!

初心者向けイベント概要

■開催日:2020年2月29日(土)
■費用:1回30分・500円
■対象:一人で安全に自転車に乗れる方
■定員:各回10名(1回目:13時30分~14時00分/2回目:14時30分~15時00分/3回目:15:時30分~16時00分)
■注意事項
・初心者向けイベントでは、フリー走行は禁止となります。スタッフの指示に従って参加してください
・自転車を持ち込みされる場合は、オフロードの走行に適したスポーツ車のみとなります
・雨天決行(強風や強雨の場合は中止)
・事前申し込みで完全予約制となります
■参加申込ページ:http://coraggio-kawanishi.com/press/20200117/

この記事のコメント

この記事のタグ

シクロクロス 兵庫県 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載