バイクインプレッション2013「LOOK 675」 俊敏さとデザインが際立つ今年イチオシの最新機種

  • 一覧

 ルックは本場のレースシーンを彩り続けてきた、フランスの老舗バイクブランド。トップチューブからステムにつながる直線ラインが特徴的な675は、2013年モデルからラインアップに加わったルックの新機種で、上位モデル695の技術と性能を受け継ぐ。硬派な印象を与えるデザインの通り、走りも硬派。ルックらしい機敏さ、俊敏さが際立つリアルレーシングバイクだ。
 

「LOOK 675」(ルック 675)「LOOK 675」(ルック 675)

価格:283,500円(フレームセット)
サイズ:49、51、53、55、57
カラー:ブラック/ホワイト/レッド、ブラックラベル
問い合わせ先:ユーロスポーツインテグレーション http://www.eurosports.co.jp

 

スペック

フレーム:カーボン
フォーク:カーボン 
変速機:カンパニョーロ・EPS(F)&(R)
ギヤ:カンパニョーロ・ 50×34T、12-25T(11速)
ホイール:カンパニョーロ・ボーラウルトラ2
重量: 1,150g(フレーム)、350g(フォーク)

縦から横につぶしが変わるシートステーは、ほどよく反発して全体を前に押し出す。形状は同社のコンフォート系ロード、566に似ている縦から横につぶしが変わるシートステーは、ほどよく反発して全体を前に押し出す。形状は同社のコンフォート系ロード、566に似ている
フレームサイズごとに付属するステム長は決まっているが、単体で購入も可能。上下反転とスペーサーを使用し、4段階の高さ調節ができるフレームサイズごとに付属するステム長は決まっているが、単体で購入も可能。上下反転とスペーサーを使用し、4段階の高さ調節ができる
電動コンポに対応し、バッテリーはダウンチューブ裏に設置する。BB規格はプレスフィット86.5電動コンポに対応し、バッテリーはダウンチューブ裏に設置する。BB規格はプレスフィット86.5

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中
松尾修作 VAX RACING with SAITAMA(バックスレーシング ウィズ 埼玉)所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
VAX RACING with SAITAMA(バックスレーシング ウィズ 埼玉)所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

松尾 このマシンが発表になってから、とても気になっていました。特徴のあるデザインなので、好みは分かれるかもしれませんが、僕は好きです。実物を見てさらにカッコイイと思いましたよ。性能もLOOKらしいテイストがあって、乗っていて高揚感があります。

米山 スローピングのトップチューブからステム、ハンドルのショルダーまで流れるデザイン。近くで見ると、ヘッド周りの造形はボリュームがあって戦闘的だった。ミッドレンジとして登場しているけど、上位モデルのダウングレードではなく、695の良いところと、最新の要素を加えたバイクという印象かな。

松尾 コンペティションモデルの695に比べると、巡航中の安定性は劣ると感じるけど、反応の良さは良好だったと思います。全体的に反応はクイックで、BB周りの剛性が高く、加速フィーリングも良かったです。

米山 そうだね。シートステーの形状やトップチューブのスローピングは、比較的誰にでも乗りやすいコンフォートバイクのような印象を受けるけれど、実際はキビキビとしていてレーシー。安定感はあるけど、ハンドルは切れるよね?

松尾修作 VAX RACING with SAITAMA

松尾 そうでしたね。傾向は若干オーバーステアでしたが、これくらい切れ込むようなハンドリングが好みのライダーもいるでしょう。ルックは全般的に重心が少し高い。でも高いにも関わらず、ペダリングする脚がスッと下に落ちるような、独特の軽快感を持っています。カタログを見るとフレーム重量はそれなりですが、上りも良いレベルでこなせそうでした。

米山 うん。飛び道具というほどではないけれど、踏めば反応が良いし、緩い勾配のヒルクライムなら良さそう。コンフォート性能はどうだった?

松尾 細かい振動はほとんど気にならず、ライディングに集中できましたから十分だと思いますよ。スペーサーを何枚も入れて組むバイクではないですから、カラダができていて、ポジションもほどほど出ている人が乗るとして……。それならホビーレースも仲間とのサイクリングにもオールマイティに楽しめる一台ですよ。

米山一輝

米山 今回の試乗車はカンパのEPSが装備されて、機能性とルックスの魅力が備わっていたね。趣味性も高くて、今年買うならコレ!という強みがあるね。

松尾 ええ、675に電動コンポーネント、見た目にも機能的にも美しいですね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳

 

この記事のタグ

バイクインプレッション ルック ロードバイク

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載