高い性能と上質なルックスが評価メリダのバイクがデザイン&イノベーションアワードを受賞 e-MTBとグラベルロードの2部門

  • 一覧

 メリダの製品が、自転車業界の高品質な製品を認証する「Design & innovation Award 2020」(デザイン&イノベーションアワード2020)で、2部門においての受賞が決まった。e-MTB部門で「MERIDA e.ONE SIXTY 10K」が、またロードバイク部門で「MERIDA SILEX+ 6000」がそれぞれ受賞した。

MERIDA e.ONE SIXTY 10K(ミヤタサイクル提供)

 デザイン&イノベーションアワードは、単なるタイトル獲得者やブランドへの称賛だけではなく、実際に製品を徹底的にテストし、それらの全体を評価、検討し決定に到達する賞となっている。今回も厳選された国際的なジャーナリスト、 プロのテストライダー、および業界の専門家が、6000時間以上の時間を費やして選考を行ったという。さまざまな分野から、今年は84の製品が受賞した。

 「e.ONE SIXTY 10K」は、日本国内展開されている「e.ONE-SIXTY 9000」と同じフレームを使用しつつ、電動ユニットや使用コンポーネントなど一部仕様が異なる欧州モデルだ。時代の先を行くインチューブバッテリーを搭載したカーボンメインフレームを採用。160mmトラベルサスペンション搭載の究極のe-MTBで、フロント29、リア27.5の前後異径ホイールを採用して、e-BIKEならではの走破性とトラクション性能を実現している。

MERIDA SILEX+ 6000(ミヤタサイクル提供)

 グラベル&アドベンチャーロードバイクの「SILEX+ 6000」は、オフロード走行のあるバイクパッキングにも対応できる、カーボンフレーム&650Bワイドタイヤ採用モデル。大きなフロントトライアングルを持つフレームは、キャリア、バッグ類の装着に対応した様々な工夫が施され、本格的なオフロードツーリングで性能を発揮する。

 両モデルの受賞理由は以下の通り。

e.ONE SIXTY 10K

MERIDA eONE-SIXTY 10K は、人気の e-MTB の最新版です。すでにライディングパフォーマンスのベンチマークにされ、さまざまな雑誌で多数のグループテストをされています。今回、メリダは全面的に刷新させました。ルックスとライディングパフォーマンスの両方の面で水準を引き上げ、フロントホイールに 29インチを採用した MERIDA e-ONE SIXTY 10K は信じられないほどバランスが取れており、流れるようなトレイルと厳しいアルプスの地形でもとても安定したハンドリングを提供しています。ヘッドチューブ上に備えてあるメリダオリジナル「Thermo Gate」は、整然としたケーブルルーティーンを可能にし、カーボンフレームの魅力的なデザインとなっています。eONE-SIXTY 10K は、巧みに装備されたディテールと同様に、抜群のライディング性能と見栄えが良いルックスを兼ね備えています。eONE-SIXTY 10K のライドパフォーマンスは多用途なキャラクターでライバルよりも抜きんでています。

SILEX+ 6000

MERIDA SILEX+ 6000 は、グラベルバイクとマウンテンバイクの境界を曖昧にする、非常に構成されたグラベルバイクです。SILEX+ 6000 は、ラフなグラベルコースと適度なトレイルにてその真の能力を発揮します。フレームのダンピング特性、アルミニウムコックピット、27.5 x 2.0 インチタイヤの調和した相互作用が、バイクのスムーズな特性を強調しています。さらに、マウンテンバイクにインスパイアされたジオメトリーは、高いスタック、長いリーチ、短いステムを特徴としており、快適なライディングポジションとスムーズなハンドリングを提供します。これは、サドルに長時間座っているのに理想的な組み合わせです。フレームデザインは独創的で型にはまらないものですが、視覚的にも調和が取れており、多くの取り付けダボがありバイクパッキングの適合性を強調しています。

この記事のコメント

この記事のタグ

メリダ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載