団長安田さんや山本雅道さん・益子直美さん夫妻も参加世界遺産を走った! 2013サイクリング屋久島開催

  • 一覧
スタートする参加者 =鹿児島県屋久島の屋久島すこやかふれあいセンター(撮影・戸加里真司)スタートする参加者 =鹿児島県屋久島の屋久島すこやかふれあいセンター(撮影・戸加里真司)

 『世界自然遺産』に登録されて20年を迎える鹿児島・屋久島。自転車で同島を1周(約100km)するイベント「2013 サイクリング屋久島」が17日に開催された。今年からショートコース(50km)の部も行われ、計245人が参加した。お笑い芸人でサイクリストの安田大サーカスの団長がゲストとして大会を盛り上げた。

 「1年に366日、雨が降る」というほど雨の多い屋久島。だが、この日は快晴に恵まれ、外周約100km&高低差約300mというコースを最年少11歳から最年長72歳の参加者が駆け抜けた。太陽の光を浴びて光る海や2000m級の壮大な山々という絶景の中、早春の息吹を感じ取っていた。

 「屋久島はすごく景色がきれいだし、何を食べてもおいしい!」と団長も感動した面持ち。元バレーボール選手でタレントの益子直美も、元トップロードレーサーの夫・山本雅道さんとエコライドを楽しんだ。

スタートを前に記念写真におさまる参加者 =鹿児島県屋久島の屋久島すこやかふれあいセンター(撮影・戸加里真司)スタートを前に記念写真におさまる参加者 =鹿児島県屋久島の屋久島すこやかふれあいセンター(撮影・戸加里真司)

 また、島民ボランティアが作ったよもぎ団子や焼きサバ、特産のたんかんなどご当地グルメが用意され、沿道の島民からは熱い声援が送られた。参加者は一足早い春とともに、心まで温かい空気に満ちていた。

SANSPO.COMより)

 ※「Cyclist」では後日、参加した「ポタガール埼玉」メンバーによる詳しいレポートを掲載します。

関連記事

この記事のタグ

サイクリング屋久島 ポタガール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載