【Teamユキヤ通信】ツアー・ダウンアンダー今季初戦に挑む新城幸也「ステージはどこか狙いたい」 19日のクリテリウムで開幕

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 UCIワールドツアー初戦「ツアー・ダウンアンダー」が開催されるオーストラリア・アデレードで1月18日夜、チームプレゼンテーションが行われ、今季初戦に挑む新城幸也(バーレーン・マクラーレン)もこれに出席した。レースは19日の記念クリテリウムで開幕する。

チームプレゼンテーションに登場したバーレーン・マクラーレンの選手たち。右端が新城幸也 Photo: Cor Vos

 今季チーム名が変更となり、新しいチームキットで登場するバーレーン・マクラーレンは集まった観客からも多くの注目を集めていた。

 合宿地のタイよりオーストラリア入りした新城は、次のように意気込みを語った。

 「いよいよ始まりますね! チームの中もいろいろと変わっていることは実感しますが、自分がやることは変わりませんし、こちらに入ってからもコンディション良く過ごしているので、楽しみでしかありません。ただ、クリテリウムが雨予報なのでそれが心配…。21日からのステージはどこか狙っていきたいですね!」

チームのエンブレムがペイントされたスーパーカーを囲んで。前列に新城幸也 Photo: BettiniPhoto

 またチームプレゼンテーションに先駆けて、マクラーレン×ライダーの走行イベントが行われた。現地のディーラー関係者、チームスポンサーのゲストらが、スーパーカーが先導しての選手とのライドを楽しみ、アデレード市内でひときわ目を引くイベントとなった。
 
 レースはアデレード中心地から近郊を舞台に、19日に行われる非公式戦のクリテリウム、そして公式戦となる21〜26日の6日間に渡るステージレースで行われる。

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 ツアー・ダウンアンダー2020 新城幸也

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載