2020年に注目すべきプロダクトは?カンパニョーロのコンポーネントを僕がイチオシする理由

by 安井行生 / Yukio YASUI
  • 一覧

 2020年に注目すべきモノやコトについて書いてくれ、という原稿依頼をもらいました。あーイイっすよと安請け合いしたものの、さて何にしましょうか。ディスクロードやチューブレスタイヤはもう当たり前だし、グラベルロードは注目され済みだし…。

 あぁ、ありました。カンパですよ。カンパニョーロ。ホイールじゃなくてコンポのほう。

2020年、ライター安井氏はカンパニョーロのコンポーネントに注目 Photo: Shusaku MATSUO

 カンパのホイールは使ったことあるけどコンポは触ったこともない。そういう人、多いのではないでしょうか。ディスクロードの時代になって、カンパの使用率は以前よりさらに下がったような気がします。実際、ディスクロードのコンポを選ぶ際にカンパニョーロを選択肢に入れる人ってかなり少ないでしょう。知り合いのショップスタッフも「シマノでは何台もディスクロード組んだけどカンパはほとんどない」と言ってました。カンパニョーロを搭載した完成車が少数という事情もありますが。

カンパニョーロに注目すべき理由

 それなのになぜカンパに注目なのか。他社のコンポから薄れつつあるモノを、カンパが持っているからです。

 それは、絶対的な変速スピードや制動力、重量などといった数値化できるようなことではありません。ブラケットのフィット感、変速操作の分かりやすさ、変速フィール、制動力のコントロール性など、感覚的・情緒的なことです。

カンパニョーロのコンポーネントはフィーリングや操作感の違いに注目してほしい Photo: Yukio YASUI

 例えばシマノは、「変速操作はできるだけ軽くするべし」と考えているフシがあります。最新世代のシマノコンポは、変速に必要な力が驚くほど小さくて済みます。顕著なのが電動変速。ほとんどマウスのクリックのような操作感です。

 一方カンパニョーロは、機械式も電動も、ある程度のクリック感とストロークを残しています。電動の変速スイッチは文字通りのスイッチなのだから、シマノのようにストロークを短くすることもできたはず。でもカンパニョーロはそうしなかった。あえて機械式と同じようなクリック感とストロークを確保した。

 それについてカンパニョーロ本社のエンジニアに聞いたところ、やはり意図的にそのような味付けにしているとの答えが返ってきました。

カンパニョーロの味とは

 コンポーネントを開発する際、一番大切にしていることは使い心地であり、シフトチェンジしたときに「操作した」とはっきり使い手に伝わることが大事なんだと。EPSの変速スイッチにも、あえて『操作した』と感じさせるようなフィーリングを残しているのだと。彼らはそれを“クリックフィーリング”と表現していました。

 「操作感が明確に手に伝わる=操作が重い」というわけではありません。実際、最新の12速コンポーネントは、ワイヤーがテフロンコーティングになるなどの工夫もあり、操作そのものは軽くなっています。しかし、“クリックフィーリング”はちゃんと残っています。その「操作の軽さ」と「濃厚なクリックフィーリング」の両立を達成するために、かなりの時間を割いたと言います。

 自転車が与えてくれる楽しみって、眺める・いじる・学ぶまで含めるとたくさんありますが、「変速する楽しみ」が占める割合って決して少なくありません。カンパは12速になり、操作は軽くなりました。でも「変速する楽しみ」は希薄になっていないんです。

 カンパはディスクブレーキの味付けも上手い。ディスクならではの安心感と、リムブレーキのようなコントローラブルな制動感を上手く両立させています。これも開発陣が時間をかけて煮詰めた結果らしく、特にパッドとローターの熟成にはかなりの時間を割いたのだとか。

 油圧ディスクと電動変速が浸透しつつある今でも、カンパニョーロのコンポーネントは、スペックには表れにくい「ロードバイクが大切にすべきもの」を重視し続けている。それがカンパに注目すべき理由です。

お勧めのグレードは?

 お勧めはコーラス。件の変速フィールは同じ(変速機構は上位機種と同じもの)だし、ディスクブレーキのキャリパーは上位機種と同一品なので制動感も変わらない。レバーやリヤディレーラーのプレートをアルミにする(前作はカーボン)などして前作より製造コストを下げており、見た目的にはグレードダウンした感が無きにしも非ずですが、僕はそこにカンパニョーロの良心を感じるんです。

カンパニョーロ・コーラスコンポセット(ディスクブレーキ) © Campagnolo Japan
カンパニョーロ・コーラスコンポセット(リムブレーキ) © Campagnolo Japan

 普通、「見た目(=商品力)を高めつつ、中身でコストダウンする」が商売上の常套手段。でもカンパは新型コーラスでその逆をやった。見た目の魅力が減ずることを承知で、カーボンを減らして価格を下げ、でも中身(性能)は落とさなかった。

 確かにカンパニョーロは高価です。3rdグレードのコーラスでもアルテグラより大幅に高く、もうちょっと頑張ればデュラエースが買えそうなくらい。それでも僕は、カンパニョーロを選ぶ意味はあると思います。

安井行生 インプレッションライダー・安井行生(やすい・ゆきお)

大学在学中にメッセンジャーになり、都内で4年間の配送生活を送る。ひょんなことから自転車ライターへと転身し、現在は様々な媒体でニューモデルの試乗記事、自転車関連の技術解説、自転車に関するエッセイなどを執筆する。今まで稼いだ原稿料の大半をロードバイクにつぎ込んできた自転車大好き人間。

この記事のタグ

カンパニョーロ コンポーネント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載