バイクインプレッション2020老舗が自信を持って送り出す最新クロモリロード ウィリエール「ガスタルデッロ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 Wilier(ウィリエール)のスチールバイク「Gastaldello」(ガスタルデッロ)をインプレッション。イタリアの老舗ブランドが手掛けた最新のクロモリロードの実力を試した。

ウィリエール「ガスタルデッロ」(インターナル仕様) Photo: Masami SATOU

あえてスチールという素材を選択

 近年、エアロロードバイクやディスクブレーキの登場により、フレーム構造が複雑化する傾向にあるなか、ウィリエールが自信を持って世に送り出したのは意外にもクロモリロードだ。ガスタルデッロには2種類のラインナップがあり、一つはロウ付け加工でチューブを接合したインターナル仕様、もう一つはフレームの接合面をより滑らかに加工したフィレット仕様が用意されている。どちらも日本オリジナルモデルだ。今回試したモデルはインターナル仕様である。フィレット仕様と比べると、インターナル仕様の方がやや重量は軽いという。

インターナル仕様はパイプ同士をシンプルに溶接したスタイル Photo: Masami SATOU

 素材だけでなくフレームもトラディショナルな仕様になった。ヘッドパーツはチューブの外側に圧入するアヘッドタイプを採用。ブレーキ、シフトワイヤーのラインはフレームに沿って外側に設けられ、ブレーキはリムのキャリパーブレーキが用いられた。

 一方で伝統的なスペックの中にもフルカーボンフォークを採用し、走りの質にもこだわりをみせる。スローピング形状に設計されたのも車体の振りを優先したからだという。ただ昔ながらの設計をリバイバルしたモデルではなく、新製品として生み出したウィリエールの自信が感じられるスペックである。それは走りにも表れてた。

チューブはコロンバス製のクロモールを採用 Photo: Masami SATOU
アヘッドタイプのヘッドパーツに、フルカーボンフォークの組み合わせ Photo: Masami SATOU

セカンドバイクに最適な乗り味

 結果から言えば、カーボンバイクの方が軽くて速い。同ブランドの最新モデル「ゼロSLR」にスピード面では及ばない。しかし、感性に響くスチールならではの“しなり”が生み出すペダリングの気持ち良さはカーボンバイクには表現できない領域だ。ガスタルデッロはその特性を存分に発揮。ペダルを踏み込むごとにフレームのバネ感が推進力となり、背中をグッと押し出してくれる。振動はチューブが共振するように吸収し、乗り手に不快なショックを緩和する。フロントフォークが軽く、剛性のあるカーボンフォークなので、引き締まったハンドリングや切り返しができ、古臭さを感じさせない。

スチールならではの“しなり”が感性に響くペダリングの気持ち良さを実現 Photo: Masami SATOU

 また、末永く所有できるシンプルな構成も特徴的である。27.2mmの丸形シートポストや、ねじ切りタイプのBB、外装のワイヤーなど、過去何年も用いられてきた規格なので、パーツの選択肢も豊富だ。昨今のカーボンバイクは専用部品が多くなったが、ガスタルデッロは真逆の仕様で安心感さえ与えてくれる。

 久々のスチールバイクだったが、素材の良さを再確認できた。カーボンバイクユーザーも決して退屈させない奥深い魅力を持っていた。筆者もセカンドバイクとして欲しくなった1台だ。

■ウィリエール「ガスタルデッロ」フレームセット(インターナル仕様)

税抜価格:160,000円(フレームセット)
サイズ:XXS、X、S、M、L
カラー:ネイビー
フレーム素材:スチール(コロンバス社製クロモール)

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のコメント

この記事のタグ

10~20万円 ウィリエール クロモリフレーム スチール バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載