総勢24選手で2020年シーズンに挑むNIPPO・デルコ・ワンプロヴァンスが南仏でチームプレゼン 日本人4選手も出席

  • 一覧

 日本のNIPPOがスポンサーに加わり新体制となったフランス籍のUCIプロチーム「NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンス」が1月9日、チーム拠点の南フランスで今季体制の正式披露となるチームプレゼンテーションを開催した。日本人4選手、別府史之、中根英登、岡篤志、石上優大も参加し、メディアやチーム支援者らを前に2020年シーズンの活躍を誓った。

NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンスが地元南仏でチームプレゼンテーション実施 © NIPPO DELKO One Provence

マリンストライプの新ウェアを披露

 チームプレゼンテーション当日はスポンサー各社やメディア、地元の協力者など200人以上のゲストが集まった。

 その舞台となったのはマルセイユ近郊の、シャトー・ド・ラ・ビュジーヌ(Château de la Buzine)。地元オバーニュ出身の作家、マルセル・パニョル(Marcel Pagnol)が執筆し、多くのフランス人に愛される“ル・シャトー・ド・マ・メール(邦題; 母のお屋敷)”の舞台と知られている場所で、現在はシネマミュージアムに改装されている。パニョルのもう一つの代表作「マリウス」に登場するキャラクターが着用するシャツのマリンストライプ柄がチームジャージに取り入れたという縁があり、施設内の映画館がプレゼンテーションの会場に選ばれた。

南仏のシャトーでチームプレゼンが行われた © NIPPO DELKO One Provence

 主要スポンサーや南仏地域でのレース、監督陣の紹介に引き続いて、ラ・トロピカル・アミッサ・ボンゴ、GPマルセイエーズ、ツアー・オブ・サウジアラビアとオマーン、シーズン序盤に参戦するレースごと、3つにグループ分けされた24人の所属選手が紹介された。日本人選手4人もそれぞれのグループで紹介され、チーム最年長となる別府史之や、南仏地域のアマチュアチームからプロ入りした石上優大はステージ上にてインタビューに応え、それぞれ今シーズンの抱負を語った。

選手をそれぞれ紹介 © NIPPO DELKO One Provence
中根英登(中央) © NIPPO DELKO One Provence

 また特別ゲストとして、チームの機材スポンサーである「LOOK」からアンバサダーのローラン・ジャラベール(フランス)、NIPPOの招待によりダミアーノ・クネゴ(イタリア)、2人の偉大なグランツール覇者が出席。そして日本人ゲストとしても、在マルセイユ日本領事館の池田首席領事、NIPPOの岩田裕美会長が出席し、チームの新しいシーズンの開幕を祝福するとともに、選手たちを激励した。

 プレゼンテーションに先駆けては、ゲストを交えてのファンライドが実施された。ジャラベール、クネゴ、岩田会長らがチームが拠点とするオバーニュ近郊にて、選手たちとサイクリングを楽しんだ。

サイクリングを前に記念撮影。ゼネラルマネージャーのフレデリック・ロスタン(左から2番目)、NIPPO岩田裕美会長(左から3番目)、ダミアーノ・クネゴ(右から3番目)、ローラン・ジャラベール(右から2番目) © NIPPO DELKO One Provence

 チームはプレゼンテーションを終えて、スペイン北部のリュレッド・ダ・マールに移動。非常に良いトレーニング環境のもと、10日間ほどの第2次トレーニングキャンプを実施し、1月20日のラ・トロピカル・アミッサ・ボンゴからいよいよ2020年のシーズンが始まる。ワイルドカードを獲得した3月8日〜15日のパリ〜ニース(UCIワールドツアー)を始め、シーズン序盤から非常に重要なレースが続くため、より集中してそれぞれの選手がコンディションを高めていく。

左から岡篤志、中根英登、NIPPO岩田裕美会長、在マルセイユ日本領事館 池田首席領事、別府史之、石上優大 © NIPPO DELKO One Provence

別府史之のコメント

 新規チームを除いて、最近はチームプレゼンテーションをやらない傾向にあるなか、多くのゲストを呼んでプレゼンテーションを行い、51のスポンサーを一つずつ丁寧に紹介していた。地域のスポンサーも多く、地域密着型のプレゼンテーションだった。会場には昔ながらの懐かしい顔ぶれがあり、また新たに新しく入ってきたスポンサーの方もいたが、一人一人、マネージャーが挨拶をして迎え入れていたのが印象的だった。ジャラベールやツール・ド・プロヴァンスのディレクターを務めるマリアン・ルースもプレゼンテーションに駆けつけて華を添えた。

アマチュア時代に所属していたチームに“復帰”した別府史之(中央) © NIPPO DELKO One Provence

 以前に所属した古巣に戻る形になるが、昔からの顔馴染みが歓迎してくれたことが心強い。プレゼンテーションを終えて「ホームに帰ってきたな」という気持ち。リラックスできている。

 初戦はガボンでのラ・トロピカル・アミッサ・ボンゴ。アフリカのレースを走るのは初めてで、とてもわくわくしている。近年、アフリカ人選手の驚異的なポテンシャルを見せているので、彼らの走りを間近に見れることもサプライズがあるのではと期待している。チームはスプリンターを3人、優秀なメンバーで迎えるシーズン初戦。いい成績を残したい。

岡篤志のコメント

岡篤志(中央) © NIPPO DELKO One Provence

プレゼンテーションを終えて、いよいよ始まったという気持ち。2回のトレーニングキャンプですべての選手に会うことができ、非常にいいチームで活動できることを楽しみにしている。正直いまは時差ボケや移動の疲れがあるけど、日本でも年末年始にトレーナーからのメニューで、キツい練習を積んできた。シーズン最初からエンジン全開でいってほしいという期待を感じる。スペインでのトレーニングキャンプで調子を整えて、初戦のラ・トロピカル・アミッサ・ボンゴに臨みたい。

今後のレーススケジュール(予定)

1月20日〜26日 ラ・トロピカル・アミッサ・ボンゴ / ガボン UCI2.1
2月2日 GP・ラ・マルセイエーズ / フランス UCI1.1
2月4日〜8日 ツアー・オブ・サウジアラビア / サウジアラビア UCI2.1
2月5日〜9日 エトワール・ド・ベセージュ / フランス UCI2.1
2月11日〜16日 ツアー・オブ・オマーン / オマーン UCI2.Pro
2月13日〜16日 ツール・ド・プロヴァンス / フランス UCI2.Pro

この記事のコメント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載