大会・イベント情報2020「袖ヶ浦チャレンジ2020」が4月4日に開催 最大243kmの長距離にソロ・チームで挑戦

  • 一覧
本格サーキットで脚試し! © tour de nippon

 本格サーキットコースで100〜243kmという長距離に挑戦するサイクルイベント「袖ヶ浦チャレンジ2020」が4月4日(土)、千葉県袖ケ浦市の袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで開催される。ソロ(単独走)だけでなくチーム戦も用意。参加者それぞれの“チャレンジ”をテーマにした大会だ。日本全国で開催される「ツール・ド・ニッポン」の2020年第1ステージとして行われる。参加受付は3月16日まで。

 新年度、サイクルシーズンの幕開けに合わせて開催されるこの大会。自分に合ったカテゴリーが選べ、東京都心から1時間程度という好アクセスの場所で、シーズン初めの絶好の脚試しになるイベントだ。

 参加者それぞれのチャレンジを後押しするサポートとして、レース前・レース中にはサポートステーションで補給食とドリンクを提供。この他にもサポートブースを出展する予定だ。また、初心者向けの講習と、ゲストライダーとの試走会も実施。これからレースにチャレンジするサイクリストを応援する。

それぞれのチャレンジをサポートする取り組みを用意 © tour de nippon
当日はサーキット入場無料なので、仲間や家族の応援入場もOK © tour de nippon

「称号」を手に入れろ

 サーキットは1周2.43kmで、最長クラスの243km(インポッシブルチャレンジ)はソロクラスのみ設けられ、単独で100周に挑戦することになる。レース時間は最長6時間なので、平均走行ペースが時速40kmを超えていないと完走できない計算だ。このクラスを完走した参加者には「ゴッドレーサー」の称号が与えられる。

 ソロクラスはこのほか200km、160km、100kmの合計4クラスを用意。それぞれ完走ペースや完走距離に応じて「S級レーサー」などの称号が、レース終了後に受け取る記録証に記載される。最大6人で交代しながら走るチームの部も、100km、200kmで設けられる。

袖ヶ浦チャレンジ2020

■開催日:2020年4月4日(土)
■会場:袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ(千葉県袖ケ浦市) ※入場無料
■種目:サイクルチャレンジ(ソロ:100km、160km、200km、243km、チーム:100km、200km)
■主催:一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン
■事務局:ツール・ド・ニッポン事務局(ルーツ・スポーツ・ジャパン内)

この記事のコメント

この記事のタグ

ツール・ド・ニッポン 千葉県 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載