スラム、ジップともパートナーシップモビスターチームは2020年もキャニオン 油圧ディスクブレーキロードバイクをフル採用

  • 一覧

 元世界チャンピオンのアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)を擁するUCIワールドチーム、モビスター チームの2020年シーズンのバイクが明らかになった。昨年までと同様にキャニオンがバイクを供給。またSRAM(スラム)と2年間のパートナーシップを締結し、ディスクブレーキ仕様のスラムコンポとZIPP(ジップ)のホイールを採用する。選手の好みに応じてロードレースではアルティメット CF SLX Disc、エアロード CF SLX Discを使用。タイムトライアルではスピードマックス CF SLXを使用する。

アルティメット CF SLX Disc © Baixauli Studio

 1980年に創設されたモビスター チームは、UCIワールドツアー最古の歴史を誇るスペインの強豪。2018年にはUCI女子ワールドツアーチームも設立し、世界最高峰のロードレースを主戦場としている。

エアロード CF SLX Disc © Baixauli Studio
スピードマックス CF SLX © Canyon Bicycles

 今シーズンは男女チームともに、SRAMの無線電動グループセットRED eTap AXS(レッド・イータップ・アクセス)の油圧ディスクブレーキHRDをすべてのロードレースで使用すると発表。RED eTap AXSにはいくつかのギヤ比がラインナップされているが、女子チームは主に48/35チェーンリングを、男子チームは50/37チェーンリングを使用する。カセットスプロケットは男女ともに10-33Tを使用する予定だ。

男女チームともに、ロードレースで油圧ディスクブレーキをフル採用 © Baixauli Studio

 ホイールはZIPPのFirecrest、NSWのチューブラー及びチューブレスを使用。2020年シーズンが、チームにとってディスクブレーキをフル採用する初のシーズンとなる。主に使用するモデルはZIPP 303および454NSW。タイムトライアルには858NSWとSuper-9 Discとなる。

アレハンドロ・バルベルデのコメント

SRAMとZIPPは、以前からレースで使ってみたいと待望していたコンポーネントです。今シーズンついにSRAMファミリーの一員になれたことに、興奮を隠せません。革新的なコンポーネント、技術力、サポート体制、そして私たちライダーの声を傾聴してくれる彼らの姿勢は他に無いものであり、さっそく感激しています。

エンリク・マスのコメント

新しい12速のAXSギヤでレースを走るのが楽しみです。このクロスレシオのギヤ比は、タイムトライアルや登坂を一定のケイデンスで走行したい私のようなライダーにとって、有利に働いてくれると思っています。

チームゼネラルマネジャー、エウセビオ・ウンスエのコメント

 SRAMおよびZIPPへのスイッチ、これはチーム創設37年目の歴史的な大転換です。この決断は容易なものではありませんでした。しかし業界最先端のテクノロジーを擁するドライブトレインとホイールメーカーとのパートナーシップは、チームのさらなる活躍を後押ししてくれるはずです。

この記事のコメント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載