新製品情報2020フィジークから新しいMTBサドル「アルパカ」が登場 トレイルからダウンヒルまで幅広く対応

  • 一覧

 イタリアのサイクルアクセサリーブランド「fi’zi:k」(フィジーク)から、マウンテンバイク(MTB)向けの新しいサドルコレクション「ALPACA」(アルパカ)が登場した。トレイルライドからオールマウンテン、エンデューロやダウンヒルといった様々な競技特性にマッチしたサポートとライドコントロール、耐久性を提供する新しいパフォーマンスMTBサドルだ。

アルパカ X5 グラヴィータ(左)と、アルパカ X5 テラ © fi’zi:k

 「アルパカ」シリーズは、ドロッパーポスト使用に適した滑らかなエッジ形状で、サポートとコントロール性を向上。「X5」はカーボン強化ナイロンシェルとS-アロイレールの組み合わせを表す。また、メビウスレールを採用することで、強度と適切な重量分布を両立。インパクトに対しウイングパネルが適切にしなるようになっている。

 今回登場したモデルは「ALPACA X5 TERRA」(アルパカ X5 テラ)と、「ALPACA X5 GRAVITA」(アルパカ X5 グラヴィータ)の2種類。いずれも世界最高峰のダウンヒルチーム「Santa Cruz Syndicate」による、トップカテゴリーのレースの中で得たフィードバックを基に開発された。

フルサスペンションのトレイルバイクに最適

 「アルパカ X5 テラ」は、フルサスペンションのトレイルバイクに最適な設計で、乗車時にドロッパーポストがペダリング用に延長されているか、ダウンヒル用にドロップされているかを正確に感じとる事が可能。145mm幅のサドルは優れたペダリングサポートはもちろん、ノーズからウィングへ絶えず位置を容易に移動する事が可能で、僅かに振られたテールがしっかりとポジションをサポートする。

アルパカ X5 テラ © fi’zi:k

 過酷なトレイルライドに最適とするため、ノーズは幅広で平らなデザインを持ち、急激なクライミングでも前乗りの体勢維持が容易なしっかりしたプラットフォームを提供する。また、快適性を高めるために、人間工学に基づいたくぼみを追加。ルーズなフィット感のライディングショーツを着用している状態でも、軟部組織への圧力を緩和する。

 ダウンヒル時はシートポストを下げることで、サドルがバイクのコントロールデバイスに変化。丸い輪郭を持ったサドルを中心にスムーズなペダリングを実現し、サイドの柔軟なウィングパネルは荒れたオフロードライドでも、脚の内側を怪我から保護する。

■ALPACA X5 TERRA(アルパカ X5 テラ)

税抜価格:10,000円
サイズ:248×145mm
重量:238g
75mm幅部分の高さ:40mm
ノーズ先端から75mm幅までの長さ:129.5mm
レール:7×7mm S-alloyレール

アグレッシブなDHライダー向け

 「アルパカ X5 グラヴィータ」は、高速でアグレッシブなダウンヒルライディングに必要なコントロールを提供するグラヴィティMTBサドル。エリートダウンヒルライダーとメカニックの綿密なコラボレーションにより生み出され、長距離のエンデューロから純粋なダウンヒルまで、グラヴィティバイクを完全にカバーする。

アルパカ X5 グラヴィータ © fi’zi:k

 高速でダウンヒルする最中はサドルに座る時間はほとんどないが、高速でパワフルなライディングに身を置きたいときや、バイクを完全にコントロールしたい場合、また山の頂上を目指すときには正しいサドルセットアップが重要となる。

 丸い輪郭を持ったアルパカ X5 グラヴィータはスムーズなペダリングを実現し、サイドの柔軟なウィングパネルは荒れたオフロードライドでも脚の内側を怪我から保護する。平らな表面を持ち、前後方向へスムーズな移動が可能で、幅広く平らなノーズは急激なクライミングでも、前乗りの体勢を維持することが容易なプラットフォームを提供する。

■ALPACA X5 GRAVITA(アルパカ X5 グラヴィータ)

税抜価格:8,800円
サドル長:260mm
サイズ:251×130mm
重量:216g
75mm幅部分の高さ:40mm
ノーズ先端から75mm幅までの長さ:130mm
レール:7×7mm S-alloyレール

この記事のコメント

この記事のタグ

サドル フィジーク マウンテンバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載