バイクインプレッション2020ディスクブレーキ専用設計のミドルグレード バッソ「アストラ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 イタリアンブランドBASSO(バッソ)の「ASTRA」(アストラ)をインプレッション。2020年モデルでディスクブレーキ専用設計で生まれ変わったミドルグレードの実力をチェックした。

バッソ「アストラ」 Photo: Masami SATOU

弱点がない総合力

 「DIAMANTE SV」と「DIAMANTE」を上位モデルに置き、ミドルグレードとしてラインナップしているアストラ。2020年モデルからモデルチェンジを果たし、ディスクブレーキ専用設計の新型に生まれ変わった。ホリゾンタル形状に近いトラディショナルな面影を残しつつ、シートチューブはカムテールデザインが取り入れられ、空力を意識した設計に。イタリアンバイクらしく美しい塗装と造形が目を引く一台だ。

小さめのリア三角にカムテールデザインを用いて空力向上 Photo: Masami SATOU

 フレームセットでの販売だけでなく、完成車販売もしているアストラ。今回試したのはシマノ「R8020アルテグラ」で組まれたもの。リムブレーキモデルからのコンポーネント移設が難しいディスクブレーキ専用フレームが増えるなか、完成車のランナップがあるのはユーザー的にはありがたい。オリジナルのシートポストやステムが統一感を生み出していた。

 走りはオーソドックスであり弱点の無い万能タイプである。伸びやかな加速が気持ち良い。爆発的な瞬発力はないが、踏んだ受け止め、クランクが下死点に至るまで長く加速していく。ガチガチな剛性ではなく、使い切れる硬さも丁度よい。乗り心地も比較的マイルドで振動吸収性も悪くない。

低く構えたオリジナルステム Photo: Masami SATOU
ディスクブレーキ専用設計に Photo: Masami SATOU

 心に余裕を与えてくれるスタビリティの高さもある。イタリアンバイクらしく、直進安定性に優れている。速度が上がってもハンドリングの特性は変わらない。恐らくスルーアクスルの効果が出ているのであろう。

速さと乗りやすさのバランスに長け、統合力に富んだ弱点のないミドルグレード Photo: Masami SATOU

 “弱点がないバイク”と表現できる一方、尖った“パンチ”はない。しかし、劣った点がない時点でスペックとしては優秀である。ミドルグレードとして最大限の性能を発揮した1台であった。

■BASSO「ASTRA」

税抜価格:478,000円(R8020完成車)
サイズ:480mm、510mm、530mm、560mm、580mm、610mm
重量:960g(フレーム)、350g(フォーク)※塗装前
カラー:エレクトリックスカイ、パープルラベル、アイスシルバー

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のコメント

この記事のタグ

カーボン バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載