“甘いマスクの伊達男” ディルーカが佐野のチームメイトに ヴィーニ・ファンティーニと契約

  • 一覧
出場停止処分が明けて2011年ジロ・デ・イタリアを走るダニーロ・ディルーカ出場停止処分が明けて2011年ジロ・デ・イタリアを走るダニーロ・ディルーカ

 イタリアのロードレース選手ダニーロ・ディルーカ(37)は、プロコンチネンタルチーム「ヴィーニ・ファンティーニ・セッレ・イタリア」(元ファルネーゼ・ヴィーニ)と契約し、来月からレースに復帰することになった。ディルーカの公式Twitterアカウントに17日、「ヴィーニ・ファンティーニとサインした」と本人がつぶやいたほか、2月16日のイル・チェントロ紙(イタリア、アブルッツォ州)が報じている。契約期間は1年と見られる。

 ディルーカは、前チーム「アクア&サポーネ」(イタリア)の解散に伴い所属先が未定のままだった。ヴィーニ・ファンティーニ・セッレ・イタリアへは、元チームメイトのステファノ・ガルゼッリ(イタリア)のほか、佐野淳哉が移籍したチームとして日本でも注目されている。また、過去に宮澤崇史(チーム サクソ・ティンコフ)やジョバンニ・ヴィスコンティ(モビスター チーム)、フィリッポ・ポッツァート(ランプレ-メリダ)、アンドレーア・グアルディーニ(アスタナ プロチーム)なども在籍した実力のあるチームだ。

 ディルーカは1998年プロデビューし、ワンデーレースのみならず、ステージレースにも強い選手。2007年にはジロ・デ・イタリアで総合優勝を遂げたのち、2009年のジロ・デ・イタリア最終ステージではデニス・メンショフ(カチューシャ)と接戦を繰り広げるなどしたが、ドーピング陽性反応が出て出場停止処分が下った。

 2011年にはカチューシャと契約してレースに復帰し、2012年にはプロコンチネンタルのアクア&サポーネに移籍していた。イタリアでは「Killer di Spoltore(スポルトーレ市のキラー)」というあだ名で知られ、甘いマスクの伊達男のルックスに女性ファンが多い。

(文 マルコ・ファヴァロ)

■マルコさんの自転車にまつわるイタリア語講座「In Bici」

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載