“3冠男”ファンデルプールは東京五輪MTB金狙うコレンドン・サーカスは2020年アルペシン・フェニックスに キャニオンが継続サポート

  • 一覧

 ロードレースにとどまらない多彩な活躍が光るベルギーのUCIプロチーム(旧UCIプロコンチネンタルチーム)、「コレンドン・サーカス」がスポンサー体制変更にともない、1月1日より「アルペシン・フェニックス」にチーム名を改称した。チームを率いるエースライダーは昨年同様にロードレース、シクロクロス、マウンテンバイク(MTB)を股にかけて大活躍するマチュー・ファンデルプール(オランダ)。チームとドイツのバイクブランド「キャニオン」のパートナーシップは継続され、ファンデルプールが戦う3種目全てにバイクを供給する。

アルペシン・フェニックスのチームカラーの「エアロード」 © Canyon Bicycles

 シクロクロスの現世界王者で、ロードレース、シクロクロス、MTBの3種目でオランダチャンピオンの経験を持つファンデルプール。昨年はアムステル・ゴールド・レースでの驚異的な初勝利で、一気にロードレース界においても世界的スターの一人となった。2020年シーズンは、東京五輪MTBでの金メダル獲得を第一目標としたレーススケジュールを組むという。

MTB-XCで使用する「ラックス」 © Canyon Bicycles

 チームがロードレースで使用するのは、アルティメット、エアロード、そしてタイムトライアルバイクはスピードマックスとなる。MTB-XCではレースコースに応じてフルサスペンションのラックス、ハードテールのエクシードを使用。シクロクロスではインフライト、グラベルレースではグレイルを使用する。

シクロクロスで使用する「インフライト」 © Canyon Bicycles
グラベルレースで使用する「グレイル」 © Canyon Bicycles

キャニオンバイシクルズCEO ローマン・アーノルドのコメント

 バイクスポンサー、またパートナーとしてアルぺシン・フェニックスとのコラボレーションを継続できることを嬉しく思います。チームとの関係が始まった当初より、チームをマネジメントするフィリップ、クリストフ・ルードフフト兄弟が志向する、ロードレースに留まらずシクロクロス、マウンテンバイクへもチャレンジするというビジョンには大きく共感してきました。そして昨シーズンにマチュー・ファンデルプールが成し遂げた、我々の度肝を抜くような活躍は、多くのサイクリングファンに鮮烈な記憶として刻まれたことでしょう。ですから今シーズンも、予想を超えるようなレースで魅了してくれることを期待して、アルぺシン・フェニックスのシーズンインを楽しみにしています。

この記事のコメント

この記事のタグ

キャニオン(Canyon)のロードバイク

キャニオン シクロクロス マウンテンバイク ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載