新製品情報2019フルクラム・レーシングゼロにアップデートモデル「コンペッティツィオーネ DB」が登場

  • 一覧

 イタリアのホイールブランド「Fulcrum」(フルクラム)から、ディスクブレーキ対応のハイエンドアルミホイール「RACING ZERO CMPTZN DB」(レーシングゼロ コンペッティツィオーネ DB)が世界に先駆けて日本国内に入荷した。通常のモデルからベアリングがアップデートされるなど改良が加えられた。

世界に先駆けて日本に入荷する「レーシングゼロ コンペッティツィオーネ DB」 ©FULCLUM

 「レーシングゼロ コンペッティツィオーネ DB」は、ベアリング・レースに特殊なスチールを採用した「CULTベアリング」(CULT=セラミック・アルティメット・レベル・テクノロジー )を採用した。 精度の高いベアリングは、摩擦を低減し、通常のベアリングの9倍優れた回転性能を発揮。腐食に対しての耐久性が高いためグリスを入れる必要がなく、少量のオイルのみで使用できる。

「CULTベアリング」を採用し、通常のベアリングよりも滑らかな回転を可能にした ©FULCLUM

 太めのアルミ製スポークは、フルクラムの特徴である2:1 スポーク・システムで組み上げられ、高い剛性と反応性を両立する。

 リムはクリンチャーとチューブレスタイヤが使える2ウェイフィット仕様。リムの内幅は19mmで23mm以上のタイヤに対応する。軽量化のため、リム面はデカールの貼り付けではなく、独自の表面加工でブランド名やホイール名が示される。

■RACING ZERO CMPTZN DB

税抜価格:163,000円(カンパニョーロ、HG11)、164,000円(XDR)
重量:1,570g
重量制限:120kg(バイク、ライダー、アクセサリーの総重量)

この記事のコメント

この記事のタグ

フルクラム ホイール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載