バイクインプレッション2019伝統のトリプルトライアングルを採用 GTのエントリーグレード「GT Roadスポーツ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 GTのロードバイク「GT Roadスポーツ」をインプレッション。オリジナリティに溢れたフレームデザインは性能に影響するのだろうか。10万円を切る価格での登場となった同ブランド久々のロードバイクの実力をチェックした。

GT「GT Roadスポーツ 」 Photo: Masami SATOU

 BMXやマウンテンバイクで知られるGTから、久しぶりのロードバイクが登場した。「GT Road」は、伝統のトリプルトライアングルデザインをシートステーに採用。一目で同ブランドのバイクだと認識できる個性的なルックスでデビューを果たした。

シートステーがフローティングしたトリプルトライアングルデザインを採用 Photo: Masami SATOU

 2つのグレードがラインナップしているGT Road。今回インプレッションで試したモデルはシマノ「クラリス」で組まれたGT Roadスポーツだ。上位モデルにはシマノ「SORA」でGT Roadコンプがある。どちらもフレームは共通だ。

 ひときわ目を引くトリプルトライアングルデザインはフローティングしており、シートステーとシートチューブが接合されていない設計に。デザイン性だけでなく、振動吸収性能も兼ね備えている。また、12mmのスルーアクスルにフラットマウントディスクブレーキを採用。機械式(ワイヤー引き)ながら、トレンドを抑えた設計となっている。

メインコンポーネントはシマノ「クラリス」で、2×8の16段変速 Photo: Masami SATOU
フラットマウントの機械式ディスクブレーキを装備 Photo: Masami SATOU

ロードバイクデビューに最適

 10万円を切る価格のロードバイクは数多くあるが、デザインやスペックに満足できるものは少なかった。しかし、GT Roadスポーツはどちらも合格点を超えるものがあった。車体を持つとずしっと重い。走らせてもキビキビとした印象は希薄である。しかし、その重厚さが安定感を生む。ペダルを踏みこんだ加速感もパワーロスを感じさせず、じわーっと確実に速度を乗せられる。

 スピードを上げた際にもハンドリングは破綻しない。下ワンが大径のテーパーヘッドやスルーアクスルが効いているのだろう。ディスクブレーキは機械式ではあるが、あらゆる環境で安定した制動力を発揮できる構造だ。ビギナーでもゆとりを持ったコントロールができるはず。

基本の走行性能を備えつつオリジナリティ溢れるデザインで差別化できる1台 Photo: Masami SATOU

 特徴的なシートステーは段差で確実に仕事をした。あえて凹凸に突入してみたが、振動の角を注ぎ落して乗り手に伝えてくれる。本来ならば「ドンッ」と伝わる振動が「タンッ」くらいにはマイルドになる印象である。

 ロードバイクではあまり馴染みのない2×8段変速のクラリスだが、整備できていれば変速性能は悪くないし、50/34Tと11-32Tのギア比なので平坦も上りも対応できる。

 堅牢な走行性能が持ち前で、10万円を切る価格は非常にコストパフォーマンスが良い。 トレンドを抑えた仕様なので、コンポーネントなどのグレードアップも楽しめるだろう。 スポーツサイクルデビューに最適な1台だ。

■ GT「GT Roadスポーツ 」

税抜価格:99,800円(完成車)
サイズ:XS、S、M
カラー:ガンメタル

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のコメント

この記事のタグ

~10万円 GT アルミバイク バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載