自転車協会スペシャルサイトヒルクライムが速くなるための一番のポイントは「ペダリング」にあり?

  • 一覧
ひたすら上りを走る「ヒルクライム」のコツって? Photo: Naoi HIRASAWA

 スポーツサイクルの経験が浅くても楽しめるレースイベントとして、人気が高いのが「ヒルクライム」です。自転車協会スペシャルサイト「ENJOY SPORTS BICYCLE」では、ヒルクライムを楽しむ・攻略するためのヒントが、さまざまなコーナーで紹介されています。

 ヒルクライムとは、坂道(hill)を上る(climb)という言葉の通り、ほぼ上りのみで構成されたコースを走るサイクルイベントです。栗村修さんに聞いたQ&A「ロードバイクのレースよりヒルクライムのほうが安全?」を読むとわかるとおり、レース初心者でも比較的安全に、マイペースに挑戦できるのが大きな魅力です。

 ヒルクライムイベントの流れや楽しみ方は、サイクルイベントコラムの「ヒルクライムレースの楽しみ方」を読んでみれば、全体像がつかめるでしょう。トレーニングの基本的な考え方やイベント当日の準備、レース中のポイントや、レース後の注意点まで幅広く網羅しているので必読です。

参加者が数千人規模のヒルクライム大会も Photo: Kenta SAWANO

 少しでも速くなりたい!という人へのヒントとして、トップ選手らに聞いたQ&Aをチェックするのもおすすめです。ツール・ド・フランスなど世界のトップレースで活躍する新城幸也選手に聞いた質問はズバリ「ヒルクライムで好成績を出すのに、どんなトレーニングをしたらいいですか?」というもの。練習メニューよりもまず、ペダリングに着目しているのが興味深いですね。元アテネ五輪日本代表の田代恭崇さんに聞いた「平日1時間の練習でヒルクライムが向上するトレーニングは?」では、忙しいサラリーマンでも取り組めそうな基本的なトレーニング方法を紹介しています。

 イベント当日の注意ポイントとして読みたい記事としては、「ヒルクライムレースとその他のレース、食事や補給食の違いはあるの?」や「ヒルクライムレースの時のドリンクの量はどのくらい?」も、とても参考になる記事です。

 季節はすっかり冬となり自転車で走るのは厳しい時期ですが、ヒルクライムは風の影響をあまり受けず、また体温上昇も寒い外気温で抑えられるため、実は冬場に向いている乗り方の一つです。路面凍結や下りの寒さには気を付けつつ、峠アタックを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

この記事のコメント

この記事のタグ

ヒルクライム 自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載