新製品情報2019キャニオンが2020年モデルのグラベルロード「グレイルAL」シリーズを発売 5府県で試乗会も

  • 一覧

 ドイツのスポーツバイクブランド「キャニオン」が、 グラベルロード「グレイルAL」の2020年モデルを発売した。舗装路・未舗装路問わず様々なシーンで活躍する自転車だ。2020年は5種類ラインナップ。

キャニオンがグレイルALシリーズを発売した ©CANYON

 グレイルは未舗装路向けに開発されたロードバイク。フラッグシップのグレイル CF SLXとミドルグレードのグレイル CF、そして今回発売されたアルミフレームのグレードALの3つのラインに分けられる。

  グレイル ALシリーズは上位モデルのグレイル CFの特徴を継承し、舗装路では俊敏に、未舗装路では安定性を発揮するジオメトリーで、その要としてフルカーボンフォークを採用した。コンポーネントやパーツの違いで通常モデルが3種、女性モデルを2種類ラインナップする。

グレイル ALシリーズのほとんどは、シマノ製グラベルコンポーネントをメインに採用 ©CANYON
タイヤはシュワルベとキャニオンが共同開発したチューブレスレディタイヤG-One Bite40mmを装備 ©CANYON
スラムライバルを搭載したグレイル AL 7.0 SL ©CANYON
GRXのRX600を搭載したグレイル AL 7.0 ©CANYON

 タイヤクリアランスは最大42mmまで対応し、チューブレスレディホイールとタイヤを標準装備。なお、出荷時はチューブ入りのクリンチャー仕様となる。

グレイル AL 6.0。GRX RX400を搭載 ©CANYON
グレイル WMN AL 7.0はGRX RX600 ©CANYON
GRX RX400がメインコンポのグレイル WMN AL 6.0 ©CANYON

 そのほかグレイル ALシリーズの特徴として、グラベルロード専用に開発され専用のアルミハンドルを搭載する。振動吸収性に優れるシートポストも装備した。ダウンチューブ下側にボトルケージ台座を3つ設け、拡張性を有している。

 キャニオンウェブサイトでの販売に際し、12月から来年3月までに静岡県・愛知県・京都府・埼玉県・大阪府の5府県で試乗会を実施する。

「グレイルAL」ラインナップ

※モデル名、メインコンポ、完成車平均重量、税抜価格(送料別)

・グレイル AL 6.0(シマノ GRX RX400)9.50kg 149,000 円
・グレイル AL 7.0(シマノ GRX RX600)9.39kg 179,000 円
・グレイル AL 7.0 SL(スラム Rival1)9.13kg 189,000 円
・グレイル WMN AL 6.0(シマノ GRX RX400)9.4kg 149,000 円
・グレイル WMN AL 7.0(シマノ GRX RX600)9.37kg 179,000 円

グレイル試乗会情報

・2019年12月28日(土)〜29日(日)ラファポップアップ東海 浜名湖「みんなのカフェ」(静岡県)
 https://www.facebook.com/events/2469979179885382/
・2020年1月11日(土)〜12日(日)ラファポップアップ東海 瀬戶「品野陶磁器センター」(愛知県)
 https://www.facebook.com/events/668844473645793/
・2020年1月26日(日)キャニオンジャパンサービスセンター(京都府)
 https://www.facebook.com/events/423576948546294/
・2020年2月2日(日)関⻄シクロクロス第8戦 桂川緑地久我橋東詰公園(京都府)
 https://www.facebook.com/events/497406660888098/
・2020年2月29日(土)〜 3月1日(日)見沼の森バイクロア(埼玉)
 http://bikelore.jp/
・2020年3月7日(土)〜8日(日)サイクルモードライド大阪(大阪)
 https://www.cyclemode.net/ride/

この記事のタグ

キャニオン(Canyon)のロードバイク

キャニオン グラベルロード ロードバイク 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載