五輪出場に向け成長を証明橋本英也が男子オムニアムで銅、途中落車も粘りのメダル トラック・ワールドカップ第5戦

  • 一覧

 オーストラリア・ブリスベンで開催の2019-2020 UCIトラックワールドカップ第5戦で12月14日、男子オムニアム種目に出場の橋本英也が3位銅メダルを獲得した。第3種目のエリミネーションで落車のアクシデントに見舞われたが、負傷を押して粘りきり、2017年以来2年ぶりとなるワールドカップ・オムニアムのメダルに輝いた。

橋本英也がワールドカップ男子オムニアムで銅メダル © JCF

 1日に4つのレースを走って競うオムニアムは、前半3種目の順位を持ち点に、最終種目のポイントレースを走るという複合種目だ。橋本は第1種目のスクラッチを1位、第2種目のテンポレースを2位と好発進。しかし続くエリミネーションの後半で落車し、この種目は9位に終わってしまう。

 3種目を終えて暫定首位に立った橋本だが、負傷の影響もあり最終のポイントレースは苦しい走りとなった。しかし最後まで耐える走りでポイントも積み重ね、順位は落としたものの最終的に3位のポイントでゴールした。前大会では4位を獲得し、この種目のオリンピック出場筆頭候補となった橋本英也。オリンピック出場枠獲得に向け、大きな意味を持つメダルとなった。

2年ぶりのワールドカップ表彰台となった橋本英也(右) © JCF

橋本英也のコメント

 金メダルを獲れる位置にいながらも銅メダルに終わってしまったことは残念ですが、悔しいながらも良かったと思います。落車をして肩を打ったのですが、スタッフの皆さんのお陰で走ることができました。本来の走りではありませんでしが、それでもメダルを死守できたというのは、自分の成長を証明できたのではないかなと思います。

男子オムニアム最終成績
優勝:アーロン・ゲート(ニュージーランド)
2位:ロジャー・クルーゲ(ドイツ)
3位:橋本英也(日本、チーム ブリヂストンサイクリング)

男子ケイリン結果
7位:脇本雄太(日本)
失格:河端朋之(日本:JPC)

女子スプリント結果
15位:小林優香(日本: ドリームシーカーレーシングチーム)
17位:太田りゆ(日本)

この記事のタグ

トラックレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載