自転車協会スペシャルサイトサドルが細いスポーツ用自転車でサイクリングをしたらお尻が痛くなる…どうしよう?

  • 一覧
こんな細いサドル、絶対にお尻が痛くなっちゃうよ!と考えるのが普通なのかもしれません Photo: Ikki YONEYAMA

 サイクリングを始めてみたものの、長時間自転車に乗ったらお尻が痛くなってしまい、乗るのが嫌になってしまった…というのはスポーツサイクリング初心者につきものの悩みです。世のサイクリストたちはどうして、あんな細いサドルに何時間も跨がっていられるのでしょうか?

 自転車協会スペシャルサイト「ENJOY SPORTS BICYCLE」で、スポーツ用自転車の乗り方、走り方のコツやヒントを解説するコラムがスタートしました。第1回のテーマがずばり「サドルの座り方を考える」です。サドルに長時間座ることでお尻が痛くなった場合、よく出てくる対策方法として、レーパンを使うとか、サドルを変えてみるとか、そういったものがあります。

 ところが筆者は「そもそも、サドルは座るものではない」という視点から、お尻の痛み対策にもなる正しい自転車の乗り方を説きます。正しく乗ることができれば、お尻も痛くならず、楽に自転車を速く走らせることができるとか。そのカラクリまで、コラムでは順を追って解説します。

快適なサイクリングを実現するというサイクルウェアですが、初心者は見た目に抵抗があるという場合も少なくありません Photo: Shusaku MATSUO

 さて、お尻の痛み対策にも有効なレーパン(レーサーパンツ)ですが、下着をつけずに素肌にそのままはくものだとご存じでしょうか? 初心者にとっては若干衝撃的な事実で、Q&Aコーナーにある「レーサーパンツは下着をつけずはくって本当?」という質問もよく聞かれます。リンク先の回答にある通り、ちゃんと理由があってそうしているんですね。

 でも、ピチピチのサイクリングウェアって、初心者には若干ハードルが高いのも事実。Q&Aでは「Tシャツに短パンでロードバイクは変ですか?」という質問にも回答しています。専用のウェアは一度使ってみると、その機能性と快適性を実感できるはずです。

この記事のコメント

この記事のタグ

自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載