バイクインプレッション2019軽快な加速感に病みつきなエンデュランスバイク アルゴン18「クリプトンCS」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 今回のバイクインプレッションではアルゴン18「クリプトンCS」を紹介する。伝統の機構を取り入れつつ、ディスクブレーキ専用設計となり、拡張性を大幅にアップ。快適性を重視したエンデュランスバイクの実力をチェックした。

アルゴン18「クリプトンCS」 Photo: Masami SATOU

快適志向なコンセプトへ

 トライアスロンやタイムトライアルバイクに定評があったアルゴン18。近年はスパイダーテックやボーラ、そして今季はアスタナ プロチームへバイクを供給し、技術力を高めてきた。

ヘッドチューブにはシームレスなデザインの3Dプラスを採用 Photo: Masami SATOU

 クリプトンはミドルグレードのオールランダーとしてラインナップしてきたが、エンデュランスバイクとして舵を切り進化を果たした。今回紹介するクリプトンCSは、「クリプトンPRO」の下位モデルに当たるモデル。専用ハンドルなどは異なるものの、フレーム形状や構造は同様で、カーボンの質のみの違いとなる。

 乗り心地を重視したポイントは各所に見受けられる。フォーク中ほど、先端へベンドした形状は、路面からの突き上げを緩和させるもの。シートステーをシートチューブの中ほどに接続し、リア三角を小さく設計したのも同様の効果をもたらす。

 コンフォート性能は振動吸収性だけに由来するものではない。適切なポジションを実現することも同じように重要である。クリプトンCSには、ヘッドチューブ上部に「3Dプラスシステム」を採用している。カバーの厚みを0mm、15mm、30mmから選択することができ、ヘッドチューブを“延長”させることができるのである。これにより、ステムを適切な高さにセッティングしつつ、コラムの露出量を減らすことが可能に。剛性を落とさず、ベストなポジションに設定できるのである。

先端に向かってベンドしたフロントフォークが振動をいなす Photo: Masami SATOU
シートステーはシートチューブの低い位置に接続 Photo: Masami SATOU

 一見すると乗り心地に偏ったスペックであるが、走りも妥協はない。踏み込むと背中から押し出されるように加速をしていく。ダンシングでもリズミカルな推進力を感じる。ここまで気持ちよく走れると、上位モデルのクリプトンPROにも期待が高まる。

 肝心の乗り心地ももちろん優れている。フロントセンターの安定感が特にあり、直進時に車体がブレることが少ない。落ち着いた挙動で巡航できる。激しい凹凸に突っ込んでも、上手く車体がいなし、振動の角を落としてくれる。

上りの反応速度が良く、ジャンルを超えた走行性能を誇る Photo: Masami SATOU

 エンデュランスバイクという位置付けであるが、カバーできる範囲がとても広い1台であった。際立った軽さはないが、推進力の高さからヒルクライムレースでも走れるのではと思ったほど。振動吸収性も高いし、フェンダー取り付け用のダボ穴も備えられている。32mm(フェンダー装着時は28mm)のタイヤにも対応しており拡張性も高く、ロングライドの相性も抜群だ。真のオールラウンダーとして活躍が期待できるバイクである。

アルゴン18「クリプトンCS」
税抜価格:220,000円
サイズ: XXS、XS、S、M
カラー:レッドマット

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

アルゴン18 カーボン バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載