自動充電機能「走りながら充電」搭載ブリヂストンから電動クロスバイク「TB1e」登場 13万円で最長130km超の航続距離

by 後藤恭子 / Kyoko GOTO
  • 一覧

 ブリヂストンサイクルが通勤・通学利用者をターゲットにした電動クロスバイク「TB1e」(ティービーワンイー)を2020年2月上旬に新発売する。同社のクロスバイク「TB1」の電動モデルで、1回の充電で最長130kmまでの航続距離を実現。リア7段変速でクロスバイクならではの走行性能はもちろん、スタンドやサークル錠、ランプや泥除けなど通勤通学利用に便利な機能も標準搭載しながら、価格を12万9800円(税抜)とリーズナブルに設定した。

ブリヂストンの電動クロスバイク「TB1e」。スポーツバイクさながらのスタイリッシュなデザイン Photo: Kyoko GOTO

走りながら自動充電

 2016年に同社が行った調査で、男子高校生の通学用自転車に対するニーズとして「クロスバイクを乗ってみたい」という声が多かったことを受けて登場した「TB1」。さらに近年、通勤用途として電動バイクの需要が拡大していることを踏まえ、新たにTB1の電動クロスバイク「TB1e」へと展開した。

大容量「リチウムイオンバッテリー400」電池搭載。「走りながら自動充電」が可能なバッテリー残量で充電を完了する「リミット充電モード」にも対応 Photo: Kyoko GOTO

 「TB1e」の最大の特長は、クロスバイクらしいスポーティーなデザインをそのままに、15万円以下という価格帯の電動アシストモデルで突出した航続距離を実現した点にある。

 同社独自の両輪駆動(前輪はモーター、後輪はペダルで駆動)による自動充電機能「走りながら充電」を搭載することで電力消費のスピードを緩和し、結果として1充電あたりの航続距離を自動充電機能を搭載しない同社の従来モデルと比べて40%アップさせることに成功。最長で130km(エコモード)の航続距離を可能にした。

走行中にペダルを止めるか左ブレーキをかけると発電する「走りながら自動充電」機能を搭載 Photo: Kyoko GOTO
バッテリー残量を示すモニター。丸の大きさでアシスト力を表す Photo: Kyoko GOTO

通勤通学用バイクの理想が満載

 クロスバイクならではの軽快でスポーティーな走行性能だけでなく、雨の日も安心なフル泥除けや、電池交換不要の発電式ライト、サイドスタンド、自転車に固定されたサークル錠など、日々の通勤・通学で必須となる装備を「TB1」と同じく標準で搭載した。

泥除けと、パンクに強いタイヤ「ロングレッド」を採用 Photo: Kyoko GOTO
充電不要の明るい「ショートシリンダーLED ランプ」。明暗に応じて自動点灯する Photo: Kyoko GOTO

 また、制動力が高いリアローラーブレーキ、錆によるトラブルを低減するステンガードチェーンのほか、パンクやひび割れに強い新タイヤ「ロングレッド」を装備することで耐久性を高めている。タイヤは街の自転車店で交換可能な27インチ×1・3/8(英式バルブ)規格を採用するなど、クロスバイクのスタイリッシュさと、いわゆる「ママチャリ」と呼ばれるシティバイクの利便性を併せ持つ“ハイブリッド”な電動アシストモデルとなっている。

シティバイクのようなサークルロックを本体に搭載 Photo: Kyoko GOTO
サイドスタンドも標準搭載 Photo: Kyoko GOTO
快適な乗り心地を提供するオリジナルのスポーティークッションサドル Photo: Kyoko GOTO

 カラーは全4色をラインナップ。1サイズのみで、適応身長はサドルの調整で151~180cm台まで幅広く対応する。

T.Xネオンライム Photo: Kyoko GOTO
E.X ブラック(写真奥)とM.Xオーシャンブルー Photo: Kyoko GOTO

■TB1e(ティービーワン・イー)
航続距離:パワー54km、オート90km、エコ130km
カラー:E.X ブラック、T.X マットグレー、M.Xオーシャンブルー、T.Xネオンライム
サイズ(乗車可能最低身長):450mm(151cm~)
タイヤサイズ:27インチ×1-3/8
変速段数:7段(リア)
完成車税抜価格:129,800円

この記事のコメント

この記事のタグ

e-BIKE クロスバイク ブリヂストン ブリヂストンサイクル 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載