マネジメント体制を一新バーレーン・マクラーレンが2020年の体制を発表 新城幸也の目標はツールと五輪

  • 一覧

 UCIワールドチームのバーレーン・マクラーレンがチーム概要や所属ライダー、機材など、来季の体制を発表した。 チームに所属する日本人選手の新城幸也は「個⼈的なシーズンを通しての⽬標はツール・ド・フランスとその後開催されるもう⼀つの国際的なレース」と語った。

バーレーン・マクラーレンの来季体制が発表された © Team Bahrain McLaren

 チームの前身となるバーレーン・メリダは、2017年にシェイク・ナッセール・ビン・ハマド殿下の指揮の元、発⾜。同チーム名で活動した3年間で輝かしい成績を残した。来季は選手やチームマネジメント、パートナーの体制を⼤幅に刷新して バーレーン・マクラーレンとして新たに活動する。

 バイクとウェアはレッドとオレンジ、ブラックの3色をメインに水色をアクセントカラーに添えた。

チー ム バーレーン マクラーレンのウェア © Team Bahrain McLaren
チームのバイクは引き続きメリダが供給する © Team Bahrain McLaren

 所属選手はツールで表彰台を獲得したミケル・ランダ(スペイン)やワウト・プールス(オランダ )、通算146勝のスプリンター、マーク・カヴェンディッシュ(イギリス)が名を連ねる。⽇本からは新城幸也が参加する。

 チームの代表を務めるのは元プロサイクリストで、U23英国代表チームなどを率いた経験を持つ名コーチ、ロッド・エリングワース。補佐のパフォーマンス・ディレクターには、同じく元プロサイクリストで英国ロードレース選⼿権での優勝経験を持つロジャー・ハモンドが務める。

 チームのテクニカル・ディレクターは、マクラーレン・アプライド・ビジネス・テクノロジー創設メンバーのダンカン・ブラッドリーが就任。またチーム・オペレーション・ディレクターとしてブレント・コープランドが参加する。

バーレーン・マクラーレンのジョイントマネージングディレクター John Allert氏のコメント

 このチームの歴史にとって重要な瞬間です。皆が愛し熱狂するこのスポーツにバーレーン王国チームのパートナーとして参加し、私達はサイクリングのファンが声援を送る存在となれる事を望んでいます。

 明⽇のために創られたチームで、同時に過去に対して尊敬を忘れないチームでもあります。McLarenは世界で最も機材の性能を求められるスポーツで培った能⼒を持って、このチームにテクノロジーで協⼒し、絶え間ない向上のために尽くし、ダイナミックなマーケティングとイノベーシ ョンをもたらします。

バーレーン・マクラーレンの共同創設者兼ジョイントマネージングディレクター、Milan Erzen氏のコメント

 今⽇はチームにとって重要な⽇です。私達は2016年のチームの始まりからサポートしてきたバーレーン王国に対して恩があります。私達がこの新しい時代を始めるにあたって、私達が、この偉⼤なスポーツとチームを2020年に世界に向けて紹介することで、バーレーン王国のスポーツコミュニティ、そして世界のファンやパート ナーにベネフィットをもたらす事を楽しみにしています。

メリダ・ヨーロッパ スポーツディレクター Andreas Rotter氏 のコメント

 この新しいチームにテクニカル・パートナーとして参加する事を光栄に思っています。私達はチームに最速のバイクを供給し、そのバイク乗ったライダーがイエローのジャージとピンクのジャージを⼿に⼊れる⽇が来ることを確信しています。

新城幸也のコメント

 どのレースに出るかはチームが決めることなのですが、個⼈的なシーズンを通しての⽬標は、ツール・ド・フランスとその後開催されるもう⼀つの国際的なレースとなります。1年⽬のチームなので、どうやってレースをしていくかはチームが戦いながらアップデートしていくことになると思います。マクラーレンはF1でもそうですが、レースは戦いながらアップデートしていくものと捉えていて、このマクラーレンがロードレースの世界に新しい⾵をもたらしてくれるのではないかと思います。

 2020シーズンのスタートは、オーストラリアでのツアー・ダウンアンダーになります。その後、オマーン、アブダビに出⾛してUCIポイントの獲得を⽬指していくことになります。

 2019シーズンの怪我を経て感じたのは、まだまだプロ選⼿として⾛りたいということでしょうか。怪我をして諦めたらキャリアはそこで終わってしまいますが、諦めずにリハビリとトレーニングを積み重ねて、最終的に秋のブエルタ・ア・エスパーニャでは後半良い⾛りができたので、1年前のトップコンディションに戻って2020シーズンを⾛ることができると思っています

この記事のコメント

この記事のタグ

メリダ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載