新リーグ開始前最後のシーズンJプロツアー2020の参加チームが決定 2減3増の全19チーム

  • 一覧
国内最高レベルで争われるロードレースシリーズ「Jプロツアー」 Photo: Shusaku MATSUO

 国内最高峰のロードレースシリーズ「Jプロツアー」を運営するJBCF(全日本実業団自転車競技連盟)が12月4日、来季2020シーズンの参加チームを発表した。2019シーズンに参加した18チームから、2チームが抜け、復帰・新規参加の3チームが増え、合計19チームとなる。

 2020シーズンは、愛三工業レーシングがJプロツアーレースに復帰。また新規チームは「さいたまディレーブ」と「PRO CYCLING TEAM SHIZUOKA」(仮称)となる。2019シーズンに参加したうち「Honda栃木」はエリートツアーに主戦場を移し、「東京ヴェントス」はチーム解散となる。

 各チームの登録選手上限は16人。レースは全20〜25戦を予定する。総合チーム優勝は各レースのチーム内上位3選手のポイントを合算した年間合計、総合個人優勝はシリーズ全レースの個人獲得ポイントの年間合計で争う。

 JBCFは2021シーズンから自転車新リーグを開始するとしており、「Jプロツアー」として実施されるのは2020シーズンが最後となる。

Jプロツアー2020参加チーム

1. マトリックスパワータグ
2. チームブリヂストンサイクリング
3. 宇都宮ブリッツェン
4. シマノレーシング
5. VICTOIRE 広島
6. 弱虫ペダル サイクリングチーム
7. イナーメ信濃山形
8. TeamUKYO
9. Hincapie LEOMO Labs p/b BMC(暫定)
10. FIETS GROEN 日本ロボティクス
11. 那須ブラーゼン
12. VC 福岡
13. PRO CYCLING TEAM SHIZUOKA(仮称)
14. eNShare Racing Team
15. なるしまフレンドレーシングチーム
16. KINAN Cycling Team
17. 群馬グリフィンレーシングチーム
18. 愛三工業レーシングチーム
19. さいたまディレーブ

この記事のコメント

この記事のタグ

Jプロツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載