収益で遠征費用を支援2020シクロクロス世界選手権「日本代表選手団 応援Tシャツ」が発売

  • 一覧
日本代表選手団 応援Tシャツ © AJOCC

 日本シクロクロス競技主催者協会(AJOCC)が、2020シクロクロス世界選手権に出場する日本代表選手団を支援するTシャツを発売した。制作経費を除いた全額が代表選手団に寄付される。1枚3000円(税込み、送料別)で、注文はネットの申込みフォームから受け付ける。

 日本からは毎年シクロクロス世界選手権に選手とスタッフを派遣しているが、出場する選手とスタッフは現状、多額の経費を自己負担して挑戦している状況だという。この負担を少しでも軽減しようと、近年は毎シーズン、代表選手団応援のための企画が立ち上がっている。

 今シーズンの世界選手権は来年2月、スイスのデューベンドルフで開催。デザインのコンセプトは「日本からスイスへ挑戦する選手たち」とし、スイスと日本の共通点である国旗の色(赤&白)を採用。熱い戦いに滴る汗をイメージし、ボディーカラーは燃え盛る魂の赤でまとめた。

■2020シクロクロス世界選手権 日本代表選手団応援Tシャツ
税込価格:3,000円
送料:1枚 370円(複数枚注文の場合は割引き)
納期:受注日から2週間程度
販売期間:生産予定枚数に達し次第終了
申込み:専用注文フォームで受付。受理メールに振込先を記載。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載