造成や管理・運営費を支援自転車協会が「マウンテンバイクフィールド助成金制度」の本年度募集中 12月31日まで

  • 一覧
マウンテンバイクを身近に楽しめるフィールドを増やすための助成金制度が継続実施される(写真はイメージ) Photo: Ikki YONEYAMA

 自転車協会がマウンテンバイク(MTB)を気軽に楽しめる場所を増やすための「マウンテンバイクフィールド助成金」の令和元年度の募集を12月31日まで行っている(当日消印有効)。助成期間は来年度(2020年4月1日〜2021年3月31日)の1年間で、フィールドの造成や管理・運営にかかる費用を支援する。

 日本は国土の3分の2が山林であり、マウンテンバイクに適した環境でありながら、自由に楽しめるフィールドの数が少ない。こうした状況を考慮し、昨年度より助成金制度がスタートした。年単位の実施で、今年は第2回目となる。

 対象となるのは、フィールドにおけるパンプトラックを含むコースの新設・増設・保全、管理、運営に直接かかわる人件費、備品費、消耗品費、レンタル費、造成費、修繕費で、助成額は当該費用の半分または規定の上限費用のいずれか低い額。上限は新設・増設を行うフィールドで100万円、既存コースのみで運営するフィールドは50万円となる。

 助成金交付要綱、申請書類などの各種詳細は自転車協会の「ENJOY SPORTS BICYCLE」の助成金紹介ページに掲載されている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載