バイクインプレッション2019最新スペックと速さを纏った個性強めなエアロロード フジ「トランソニック1.1Disc」

  • 一覧

 フジのエアロロードバイク「トランソニック」がフルモデルチェンジを果たした。ハイエンドラインはディスクブレーキを備え、フレームはエアロ効果を追求してシェイプアップ。最新のトレンドを取り入れた最新モデルの性能を確かめた。

フジのエアロロードバイク「トランソニック」 Photo: Masami SATOU

より直線的なデザインへ

 前作のトランソニックがデビューした2015年から5年。その後大きく変化した潮流を捉え、2020年モデルはエアロ効果をさらに向上させてのデビューとなった。ホイールやブレーキに沿った曲線的でボリュームのあったデザインの前作から一変、各部に翼断面形状の後部をカットしたカムテール構造を取り入れた、直線的なデザインへとブラッシュアップ。ダウンチューブ中央を絞り込んだり、シートステーは横に張り出しつつもスリムな形状にするなど、複雑なデザインを取り入れている。小さめのリア三角形状にして、フロントフォークと同じ高さに合わせるトレンドもしっかり押さえられている。

左右非対称で、先までボリュームのある形状を採用したフロントフォーク Photo: Masami SATOU
シートステーも極限までスリム Photo: Masami SATOU

 ディスクブレーキ+スルーアクスルの組み合わせはもはやエアロロードのスタンダードともいえるだろう。トランソニックも例外ではない。フロントフォークは肩から先までが太さが変わらないユニークなデザインで、キャリパーが装着される左側がやや太く左右非対称形状に。フィンでカバーされているのも特徴である。付属するOVAL社製のハンドルとステムに電動コンポーネントを合わせると、ケーブル類が露出しないフル内装化が実現する。

絞り込まれたダウンチューブでエアロ効果を追求 Photo: Masami SATOU

 現在考えうる流行を存分に取り入れたスペックである。性能も期待を裏切らないものであった。まず、シッティングでの巡航性能のレベルが高い。体感的には他大手アメリカブランドのエアロロードと遜色がない。エアロ効果も当然優れているがそれだけでなく、ペダリングのたびにロスなく「スーッ」と前進する。乗車しているとスルーアクスルの存在を存分に感じ、まさに車体の軸になっていることが分かる。その感覚が気持ちよいので、しばらくの間下ハンドルを持った深い姿勢で走り続けた。

味わい深い車体バランス

 特徴的だったのが前後のバランスだ。フロント周りの剛性が非常に高い。特にフロントフォークの存在感が強く、ダンシングの際には主張してくる。フォークの先までが硬く、車体を一振りするごとにそれが上半身に伝わってくる。よって、パワーをかけたダンシングでも車体はブレない。一方のリア三角はしなやかにも感じたほど。車体のアクは強い。独特なバランスではあるが、乗れば乗る程味わい深いもの。退屈しない乗り味だ。レーシーな乗り味が好きなサイクリストには合うフィーリングだろう。

巡航性能は最高レベルに Photo: Masami SATOU

 個性の強さはデザインにも見受けられる。シルバーのロゴやラインはポリッシュ仕様で日が当たるとビカビカに反射する。横からでは見えないカムテール部の平面には、格子状・ドットのパターンを要所に採用。欧州車にはない派手さも備えていた。ストリートで映える車種も多くラインアップしているフジ。遊び心を忘れないブランドのキャラクターが生きた1台だ。

■フジ「トランソニック」
税抜価格:340,000円(フレームセット)
サイズ:46cm、49cm、52cm、54cm、56cm
カラー:Matte Carbon/Silver
重量:1.45kg(フレームセット)

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

30~50万円 カーボン バイクインプレッション フジ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載