参加定員を大幅に超える応募が殺到しまなみ海道でe-BIKE体験 サイクリング初心者が対象のツアー「e-BIKEで亀老山チャレンジ!」開催

  • 一覧

 電動アシスト付きスポーツ用自転車(e-BIKE) を使ったサイクリングツアー「e-BIKEで亀老山チャレンジ!」が11月23日に開催され、サイクリング未経験者を中心に約20人がしまなみ海道でのサイクリングを楽しんだ。

「e-BIKEで亀老山チャレンジ!」が11月23日に開催された ©愛媛県

 「e-BIKEで亀老山チャレンジ!」は、国の推奨ルート(ナショナルサイクルルート)に選ばれたしまなみ海道を舞台に、e-BIKEの魅力を体験してもらうイベント。愛媛県が地元自治体やレンタタイクル事業者、自転車メーカー8社とタイアップし、しまなみ海道からe-BIKEの普及拡大を図る「e-BIKEアクションしまなみ」の一環として行われた。

 10月に引き続き、2回目の開催となったイベントには、参加定員の20人を大幅に超える100人もの応募が殺到。その中から選ばれた50代のサイクリング初心者を中心にe-BIKEを体験した。

イベントの前にはバイクフィッティングと講習会が行われた ©愛媛県

 イベントの前には、ツアーガイドを務めるプロ選手・門田基志さん指導のもと、バイクフィッティングと講習会を実施。参加者からは「漕ぎ出しにびっくりした。電動アシストのおかげでしっかり押されている感じがする。これから亀老山を登っていくのが楽しみ」と期待の声が上がった。

 ツアーの一行は、愛媛県今治市の「マリーナパーク王浜」を出発後、しまなみ海道の来島海峡大橋を渡り、絶景スポットで有名な大島の亀老山(きろうさん)展望公園までを往復するコースをサイクリング。目的地の亀老山の上りは屈強なサイクリストでも「激坂」と称するほどだが、e-BIKEに乗った参加者は、アシストの力を使ってスイスイとヒルクライムをこなした。

大島の海岸線をサイクリングする参加者 ©愛媛県
激坂の亀老山をスイスイ登る参加者 ©愛媛県

 展望公園に到着した参加者は、山頂から見えるしまなみ海道の雄大な景色に眺めたのち、再び来島海峡大橋のサイクリングを満喫。無事にツアーを終えた。

 ツアーガイドを務めたプロ選手の門田基志さんは「アップダウンが嫌でしまなみ海道のサイクリングを敬遠する人もいるが、e-BIKEなら年齢、性別、体力差に関係なくチャレンジできることがイベントを通じて再実感できた。e-BIKE先進エリアのヨーロッパでは、高齢の方でもe-BIKEで山を上って観光している人も多い。亀老山をはじめとした激坂スポットがあるしまなみ海道も、ヨーロッパのように多くの方がe-BIKEで楽しめる場所になっていってほしい」と語った。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

e-BIKE しまなみ海道 愛媛県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載