日本人にしっかりフィット持ってかぶって軽さを体感、レイザー・アジアンフィット史上最軽量ヘルメット「ジェネシス AF」

by 石川海璃 / Kairi ISHIKAWA
  • 一覧

 ベルギーのヘルメットブランドLAZER(レイザー)の「GENESIS AF」(ジェネシス アジアンフィット=以下、ジェネシス AF)が日本国内に入荷し、全国の取り扱い店で販売が始まる。ヘルメットはSサイズで190gと、同社アジアンフィットモデルのラインナップの中で最軽量を誇り、手に持っても、頭にかぶってもその軽さが際立っている。

レッドブラックカラーの「ジェネシス AF」。Sサイズで190gのアジアンフィット史上最軽量モデルだ Photo: Kairi ISHIKAWA

アジアンフィットになって生まれ変わった

 「ジェネシス」はかつてラインナップされていたレイザーのハイエンドモデルだ。今回、日本人の頭にもマッチするアジアンフィットになって生まれ変わった。Sサイズで190gという軽さが特徴で、「Z1」に並び同ブランド最軽量を誇る。カラーリングは様々なバイクやウェアにマッチするように全5色を揃えた。

 「ジェネシス AF」はベンチレーション機能にも力を入れた。長年ヘルメット製造で培った技術を駆使してデザインした結果、ハイエンドモデルの「Z1」よりも通気性が向上しているという。

レッドブラックを含め、全5色のカラーリングで展開する ©SHIMANO
「Z1」よりも空気穴を大きく広げ、ベンチレーション機能を追求した Photo: Kairi ISHIKAWA

 今回、編集部が試したのは頭囲55-59cmのMサイズだが、最初に実感したのはやはり軽さ。ヘルメットのディティールや素材感を確認するため手に取ったところ、見た目のサイズ感からは想像できないほどの軽さに驚いた。ヘルメットをかぶった時もその感覚は実に顕著で、かぶっていることを一瞬忘れてしまいそうになるほど。これなら長時間のライドでも、ヘルメットの重さで首が痛くならずに済みそうだ。

190gの軽さは長時間のライドでも不快感なく使用できる。通気性も高いため、夏場でも涼しそうだ Photo: Shusaku MATSUO

 軽量化を推し進めているヘルメットだが、安全面も抜かりはなく、非常に厳しいヨーロッパの安全規格(CE)もクリア。見た目にこだわったのもポイントで、キノコ頭にならないようにすっきりとしたシルエットになっている。

ヘルメット後部の排気口も空気が流れるように大きく設計されている Photo: Shusaku MATSUO
ヘルメット上部に配される「アドバンスド ロールシス」の調節機構。指一つでフィット感を調節できる Photo: Shusaku MATSUO

 フィッティングの要になる調節機構は、レイザー独自の「アドバンスドロールシス」を搭載し、ヘルメット上部のダイヤルを回すと頭全体を優しく包み込むようにフィット。同社のヨーロピアンフィットより縦幅を2.8%スリムに、横幅は3.4%ワイドに設計されているアジアンフィットのため、日本人のサイクリストと相性がいい。とりわけ、頭が円形に近い人ならジャストフィットするはずだ。ぜひ店頭で手に取ってみてほしい。

■GENESIS AF
税抜価格:21,000円
サイズ:S(52-56cm)、M(55-59cm)、L(58-61cm)
カラー:ホワイト、マットブラック、マットチタニウム、レッドブラック、フラッシュイエロー(M、Lのみ)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ヘルメット レイザー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載