ゲストに「VC福岡」と三船雅彦さん福岡県の「直方北九州自転車道線」が11月17日に開通 直方市役所前で記念イベント

  • 一覧

 福岡県が整備していた県道「直方北九州自転車道線」が11月17日に全線開通し、直方市役所前で記念イベント「リバーサイドポタリング遠賀川 in 直方」が開催された。開通したての道路を使って、275人の参加者がサイクリングを楽しんだ。

全線開通した「直方北九州自転車道線」を走る参加者 Photo: VC Fukuoka

 「直方北九州自転車道線」は直方市を流れる犬鳴川を渡るために同県が整備。犬鳴川渡河橋を含む約0.9kmの区間がこのほど完成し、全長約35kmにおよぶ自転車道が全線開通となった。

 イベントでは開通式のほか、演奏やダンス、トークなどのステージイベントも実施。サイクリングは直方市役所前から鞍手町中島を往復する「親子コース(往復約16.4km)」と、そこから芦屋町の遠賀川公園までを結ぶ「海までコース(往復約35.0km)」の2種類のコースが用意された。地元福岡を拠点に活動するジャパンプロツアー(JPT)チーム「VC福岡」と、元プロ選手で直方市のサイクリングアドバイザーの三船雅彦さんも、ゲスト参加してコースを走行した。

「VC福岡」の選手もサイクリングに参加した Photo: VC Fukuoka
直方市のサイクリングアドバイザーを務める三船雅彦さん(写真右) Photo: VC Fukuoka

VC福岡の「直方北九州自転車道線」に対する想い

 今回のルートが開通することで、この二つのエリアを南北に抜けるストレスが大幅に改善され、これにより福岡空港周辺~八木山峠~飯塚~直方~芦屋~宗像~福津~福岡空港周辺をラインで結んだ120km程度のコースを作ることができます。

 このルート周辺には嘉麻、鞍手、宮若など、VC福岡が定期的にトレーニングを行なう手付かずな自然が残された魅力的なエリアがいくつもあり、そのエリアにサイクリストが向かう懸け橋になって欲しいと願います。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

福岡県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載