女子は個人TTも1枠獲得東京五輪ロードレースの各国出場枠が確定 日本は男女とも2枠に

  • 一覧

 国際自転車競技連合(UCI)が11月15日、2020年東京オリンピックの自転車ロードレース競技の、各国出場枠を発表した。日本の出場枠は、ロードレースが男子・女子ともに2枠で、個人タイムトライアル(TT)は女子1枠となった。

 出場枠は10月末(2019年10月27日現在)のUCI世界ランキングで決定。日本は男子45位と本来1枠となる順位だったが、開催国として2枠が与えられた。出場選手数は男子ロードレースが130、女子が67となる。

 男子で最大となる5枠を獲得したのは、ベルギー、イタリア、コロンビア、スペイン、フランス、オランダの6カ国。女子最大の4枠を獲得したのは、オーストラリア、ドイツ、オランダ、アメリカ、イタリアの5カ国。

男子ロードレースの出場選考ランキングの上位5選手。(左から)増田成幸、新城幸也、石上優大、中根英登、伊藤雅和 Photo: Yuzuru SUNADA

 日本からの出場選手選考は、日本自転車競技連盟(JCF)が選考基準を明らかにしている。男子は国際レースでの獲得ポイントに、各レースの難易度からJCFが独自の係数を掛けたポイント数の合計での上位2人、女子はレースの難易度によりJCFが定めた順位基準ランクの上位を獲得した選手から2人となる。

 男子の選考ランキングは11月11日付けの発表で、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が256.8点で1位、新城幸也(バーレーン・メリダ)が191点で2位となっており代表圏内。以下3位が石上優大(AVCエクサン・プロバンス)で161.5点、4位が中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)で115点、5位が伊藤雅和(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)が108点となっている。

 女子は今年の全日本選手権で1位となった與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)、2位の金子広美(イナーメ信濃山形)の代表入りが有力となっている。

男子出場枠(57カ国、カッコ内はTT)

ベルギー 5(2)
イタリア 5(2)
コロンビア 5(1)
スペイン 5(1)
フランス 5(1)
オランダ 5(1)
オーストラリア 4(2)
イギリス 4(2)
ドイツ 4(2)
スイス 4(2)
デンマーク 4(1)
ノルウェー 4(1)
スロベニア 4(1)
オーストリア 3(1)
カナダ 3(1)
チェコ 3(1)
アイルランド 3(1)
カザフスタン 3(1)
ポーランド 3(1)
南アフリカ 3(1)
ロシア 3(1)
エストニア 2(2)
ニュージーランド 2(2)
ポルトガル 2(2)
アメリカ 2(2)
エクアドル 2(1)
エリトリア 2(1)
スロバキア 2(1)
アルジェリア 2
日本 2
ラトビア 2
ルクセンブルク 2
トルコ 2
イラン 1(1)
アルゼンチン 1
アゼルバイジャン 1
ベラルーシ 1
ブルキナファソ 1
中国 1
コスタリカ 1
ギリシャ 1
グアテマラ 1
香港 1
ハンガリー 1
リトアニア 1
モロッコ 1
メキシコ 1
ナミビア 1
パナマ 1
ペルー 1
ルーマニア 1
ルワンダ 1
スウェーデン 1
台湾 1
ウクライナ 1
ウズベキスタン 1
ベネズエラ 1

女子出場枠(42カ国、カッコ内はTT)

オーストラリア 4(2)
ドイツ 4(2)
オランダ 4(2)
アメリカ 4(2)
イタリア 4(1)
ベルギー 3(1)
カナダ 2(2)
デンマーク 2(1)
スペイン 2(1)
イギリス 2(1)
日本 2(1)
ノルウェー 2(1)
ポーランド 2(1)
南アフリカ 2(1)
ベラルーシ 1(1)
フランス 1(1)
イスラエル 1(1)
ルクセンブルク 1(1)
スイス 1(1)
スウェーデン 1(1)
オーストリア 1
チリ 1
中国 1
コロンビア 1
コスタリカ 1
キューバ 1
キプロス 1
チェコ 1
エリトリア 1
エチオピア 1
フィンランド 1
韓国 1
リトアニア 1
メキシコ 1
ナミビア 1
パラグアイ 1
ロシア 1
スロベニア 1
タイ 1
トリニダードトバゴ 1
ウクライナ 1
ウズベキスタン 1

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載