大会・イベント情報2019カヤック・自転車・登山で海から山へ モンベル「沖縄 やんばる SEA TO SUMMIT」12月14、15日開催

  • 一覧

 アウトドア総合ブランドのモンベルが手掛ける、カヤック・バイク・登山を組み合わせたスポーツイベント「SEA TO SUMMIT」(シートゥーサミット)が12月14日(土)と15日(日)、沖縄県名護市を中心に開催される。サンゴ礁が広がるエメラルドグリーンの海をカヤックで漕ぎ、「やんばる路」の風景を楽しみながら自転車で走り抜け、絶景広がる多野岳の頂を目指す。海から山頂へ、総距離65kmの行程で沖縄の自然を満喫できるアウトドアイベントだ。

モンベルが沖縄で「SEA TO SUMMIT」を開催! ©montbell

メインはバイクステージ

 モンベルの「シートゥーサミット」(以下STS)は、人の力で海(カヤック)から里(自転車)、そして山頂(登山)へと進む中で、自然の循環を感じながら自然について考えようという“環境スポーツイベント”シリーズ。環境に負荷をかけないよう参加者の上限を300人と設定し、登山ステージもランではなく「歩き」限定。イベント構成も初日の環境シンポジウム(誰でも無料で参加可能)と、翌日のアクティビティの2日間に渡って行われる。

最初はカヤックを漕ぐ海のステージから ©montbell
陸に上がると、山の麓を目指してバイクを走らせる ©montbell
「沖縄 やんばる SEA TO SUMMIT」の大会コース ©montbell

 STSシリーズの開催は全国14カ所(2019年11月現在)に拡大し、バイクが難ステージの大会や登山が厳しい大会など、それぞれの大会で地形に応じた特色あるコースプロファイルが展開されている。

 「沖縄 やんばる SEA TO SUMMIT」はシリーズの中でも自転車がメインに位置づけられた大会。エメラルドグリーンの海を11kmにわたってカヤックで堪能したあと、自転車で景色を楽しみながら46kmをサイクリング。最後に標高385mの多野岳を上ると、そこには海原が広がるご褒美の絶景が待ち構えている。

バイクステージが46kmと長めのコース編成になっている ©montbell

 「バイクはあるけれど、カヤックは持っていない」という人も安心して参加できるよう、地元のカヤックレンタルショップを紹介している。自転車をもっていないという友人を誘う場合にも地元のレンタルバイクサービスを案内している。得意な自転車を軸に他のアクティビティも楽しみたい、あるいはサイクリスト以外の仲間を誘って参加してみたいという人に最適な大会。オフシーズンの沖縄で、いつもとはちょっと違う沖縄の魅力を楽しんでみてはいかがだろう。

沖縄 やんばる SEA TO SUMMIT 2019

■日時:2019年12月14日(土)・15日(日)※雨天決行
■場所:沖縄県名護市・本部町・今帰仁村(フレンドエリア やんばる本部半島・伊江島)
■環境シンポジウム(1日目):名護市羽地支所
■定員(アクティビティ参加):300人
【シングル(男子・女子)の部】
・部門参加資格:高校生以上の方
・部門参加形式:スタート地点からフィニッシュ地点まで単独で参加(カヤックを2人で漕ぐ場合はチーム参加)
・参加費(税込):11,550円
【チームの部】
・部門参加資格:中学生以上の方(※小学生以下の参加については要問合せ)
・部門参加形式:スタート地点からフィニッシュ地点まで2人以上5人以下のチームで参加(チーム内で参加種目を分けても、各自が全種目参加することも可能)
・参加費(税込):11,550円×人数
【パラチャレンジの部】
・部門参加資格:障がいがある方も自身の能力に応じて希望のステージのみでの参加が可能。健常者や伴走者とのチーム参加で全ステージ完走を目指すことも可能。 参加資格はシングルの部、チームの部に準ずる。
・参加費(税込):11,550円×人数(健常者や伴走者を含めた総人数)
【学生割引(大学生まで)】
・参加費(税込):特別料金 6,050円×人数
※参加費には環境保全協力金500円を含む
■レンタル:別途申し込みが必要(料金や引き取り方法は各レンタルショップに要確認)
■エントリー〆切:11月15日(金)まで(※募集組数に達し次第、受付終了)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

モンベル 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載