バイクインプレッション2019Sワークスの速さを受け継ぐ最速のセカンドグレード スペシャライズド「ヴェンジ プロ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 今シーズンも世界トップレベルのレースで圧倒的な存在感を見せつけたスペシャライズド「ヴェンジ」は、シチュエーションを選ばない速さで勝利を量産し続けた。今回は上位モデルの性能を受け継ぐ完成車「ヴェンジ プロ」のインプレッションをお届けする。

スペシャライズド「ヴェンジ プロ」Photo: Masami SATOU

コスパの高い完成車バージョン

 生粋のエアロロードバイクとしてデビューを果たしたヴェンジ。自社の風洞実験施設での徹底的な研究結果にのっとり開発を進め、空気抵抗の削減に努めてきた。現在の3代目からディスクブレーキ専用設計となったことで、フォルムの大幅なアップデートを果たし、さらなる高速レースに対応。エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)や、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)らスプリンターの勝利を後押してきた。2018年のツール・ド・おきなわ市民210kmを独走勝利した紺野元汰も、ヴェンジで優勝を掴んでいる。

ディスクブレーキ専用設計で速さを追求 Photo: Masami SATOU
ロゴは「SPECIALIZED」に Photo: Masami SATOU

 ヴェンジは現在、2種類のラインナップに分かれている。「S-WORKS ヴェンジ」と「ヴェンジ プロ」だ。S-WORKS ヴェンジは完成車とフレームセットで販売されているのに対し、ヴェンジ プロは完成車のみの設定となる。先に価格を伝えるとS-WORKSのシマノ・デュラエースDi2組みで税込137万5000円、シマノ・アルテグラDi2で組まれたプロが税込79万7500円だ。

優れた空力性能を誇るハンドル「エアロフライ」も標準装備 Photo: Masami SATOU

 50万円に迫る価格差があるが、性能も開きがあるのか。答えはノーだ。2車種の違いは極めて少ない。まず、フレームは形状、素材共に同一のものが使用されている。コンポーネントやホイールのグレード、パワーメーター付きクランクの有無が異なるポイントである。しかし、プロに組まれたアルテグラDi2の基本性能はデュラエースDi2に引けを取らない。ホイールはスポークとハブの仕様は異なるものの、上位モデル同様のリムを用いた「CL50」がプロにはアッセンブルされている。コストパフォーマンスの高さは目を見張るものがあり、筆者もヴェンジ プロを購入した。

リザルトに直結する速さが魅力

 S-WORKSのインプレッション記事でも述べたが、ヴェンジに死角はない。エアロロードながら硬すぎず、レース後半でも脚を残せる絶妙な剛性感と、加速力に繋がるウィップ感が癖になり、上りも全く苦にならない。下りではディスクブレーキとスルーアクスル、安定感抜群のフロントフォークが乗り手に自信を与え、スピードレンジを一つ上のレベルまで引き上げてくれる。平坦での巡航スピードはいわずもがな、とにかく速い。

 ヴェンジ プロもこれらの性能を受け継いでいる。走りに影響を与えるフレームは全く同じものであるし、ホイールも実際に感じる性能に大きな違いはないだろう。S-WORKSが60mmハイトの「CLX60」が付属するのに対し、プロには50mmハイトの「CL50」が付くため、汎用性の高さでは後者に分があるようにも思える。

下位グレードながら死角の無い速さを受け継ぐ Photo: Masami SATOU

 個人の車両ということで、いくつかパーツは変更した。タイヤはスペシャライズドの「S-Works Turbo」からコンチネンタルの「GP5000」へ変えている。転がり抵抗が軽く、しなやかなS-Works Turboだったが空気圧に対してやや神経質だったため、路面をコンパウンドからガッチリつかむGP5000の方が好みだったためだ。ヴェンジは乗り心地がイマイチではあるので、エアボリュームを稼げる太いタイヤを装着するのも選択肢だと感じる。サドルは「Power Expert」からファブリックの「SCOOP PRO TEAM」へ。理由は単純に形状が合わなかったためだ。あとのパーツはそのまま。変える必要性を感じない。軽量化を求めればハンドル交換も選択肢に入るだろうが、ヴェンジの完成度の高さはコックピット周りもあってこそだと感じる。

 他ブランドのエアロロードが続々とスペックアップした2020年モデルを発表しているが、ヴェンジの性能が埋もれることはしばらくないだろう。ヴェンジ プロは最速のセカンドグレードであることに間違いない。

■スペシャライズド「ヴェンジ プロ」
税込価格:797,500円
サイズ:49、52、54、56
カラー:GLOSS TEAL TINT/BLACK REFLECTIVE、SATIN BLACK/HOLOGRAPHIC BLACK

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

50万円~ カーボンバイク スペシャライズド バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載