全日本プロ選手権河端朋之がスプリント初優勝 

  • 一覧
スプリント決勝で優勝し笑顔の河端朋之=グリーンドーム前橋スプリント決勝で優勝し笑顔の河端朋之=グリーンドーム前橋

 自転車の全日本プロ選手権トラック種目は14日、前橋市のグリーンドーム前橋で行われ、スプリントは決勝で河端朋之(岡山)が金子貴志(愛知)を下して初優勝した。ケイリンは浅井康太(三重)が勝った。

 1000メートルタイムトライアルは坂本貴史(青森)が1分5秒302で制し、女子でオープン参加の加瀬加奈子(新潟)は、1988年に橋本聖子が出した1分14秒30の日本記録を更新する1分10秒053をマークした。

 4000メートル個人追い抜きは網谷竜次(香川)が勝ち、エリミネーションレースは小林潤二(群馬)が優勝した。

 ロンドン五輪代表選手は出場していない。(共同)

スプリント決勝で優勝した河端朋之。右は2着の金子貴志=グリーンドーム前橋スプリント決勝で優勝した河端朋之。右は2着の金子貴志=グリーンドーム前橋
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載