今年のテーマは「ソトアソビ」国内最大級自転車イベント「サイクルモードインターナショナル2019」が千葉幕張メッセで開幕

  • 一覧

 3日間にわたって開催される日本最大級の自転車イベント「サイクルモードインターナショナル2019」が11月2日、千葉市にある幕張メッセで開幕した。自転車・パーツメーカーが合わせて197団体、402ブランドが出展。海外からの出展も49社と例年より拡大した。会場には902台の自転車が集まり、400台以上の試乗車が用意された。最新モデルの自転車の試乗や、各種パーツの展示などが行われるほか、セミナーやトークショーなどのイベントも多数用意されている。

開場と同時にブースへと向かう来場者 Photo: Shusaku MATSUO

新しい自転車の楽しみ方を提案

 午前9時半から販売店向けの先行入場が始まり、10時から一般向けにも開場。晴天に恵まれた3連休の初日とあって、開場前の朝早くから参加者がすでに長蛇の列をなしていた。10時の開場と同時に先を急ぐように続々と会場内へ入り、お目当てのブースや各メーカーの試乗ブースへと向かっていた。

9時の段階で早くも開場を待つ長い列 Photo: Shusaku MATSUO

 今年のサイクルモードのテーマは「『ソトアソビ』で広がる“自転車の世界”を体感できる3日間」。MTBやグラベルロードといったオフロードバイクを試乗できる「オフロードバイクエリア」とキャンプ道具を自転車に積んでの旅とキャンプを楽しむ新スタイル「アウトドアMixエリア」を新設し、自転車を使った新しいアウトドアスタイルを提案する。

9時に行われた開幕式には今中大介さんの姿も Photo: Kyoko GOTO

 会場で一際目立つシマノのブースでも「グラベル/アドベンチャーコーナー」を新設し、今年デビューした「SHIMANO GRX」シリーズを中心に、アウトドアフィールドを想定したバイクパッキング仕様の自転車などを展示する。その他にも自転車の多彩なライディングスタイルやシーンに合わせて製品を提案。ロードバイクコーナーではレースからツーリング、街乗りまで幅広いサイクリストに対応したラインナップを展示している。

ひと際大きいスペースで展開しているシマノブース Photo: Shusaku MATSUO
コンポーネントのテーマに合わせてフィールドが造られたシマノブース Photo: Shusaku MATSUO

 味の素「アミノバイタル」のブースでは、アミノ酸の使い方について解説する「5分間セミナー」を開催。セミナーの参加者を対象に9月にリニューアルした「アミノバイタル プロ」のサンプルを提供する。またアミノバイタルのツイッターをフォローした人を対象に、その場で「アミノバイタル アミノショット」のサンプルもプレゼントする。

味の素「アミノバイタル」のブースでは、アミノ酸の使い方分間セミナーを実施中 Photo: Kyoko GOTO
セミナーを聞いて新しくなった「アミノバイタル プロ」をゲット Photo: Kyoko GOTO
のんさんがイメージモデルを務めるe-BIKEの「BESV」ブース Photo: Shusaku MATSUO
自転車協会の自転車教室・サイクルキッズも開催 Photo: Kenta SAWANO

 ウエイブワンのブースではオーダージャージに関する「なんでも相談会」を実施中。相談会を予約すると特典として「ウエイブワンポイント」1000円分を、さらに当日会場で新規会員登録をすると「ウエイブワンポイント」を2000円分獲得、最大で合計3000円分を獲得できるお得なキャンペーンを実施している。

ウエイブワンでは特典付きの「オーダージャージなんでも相談会」を開催中 Photo: Kyoko GOTO
「B.B.BASE」のブースでは、JR東日本がラファとコラボした千葉の復興支援チャリティーTシャツを販売 Photo: Kyoko GOTO

 また、東京と房総半島を結ぶ、自転車&サイクリスト専用のサイクルトレイン「B.B.BASE」のブースでは、台風で被災した千葉県への支援を行う「チャリティTシャツ」をラファとのコラボで販売中。1枚3000円(税込)で、その半額が支援金として千葉県内の自治体に寄付するとしている。

各種イベントも目白押し!

 イベントでは著名なゲスト陣を招いたステージでのトークショーの他に、国内外のe-BIKEが勢ぞろいする特設展示エリア「SPORTS e-BIKE EXPO」も設置。会場内外から参加可能なバーチャルライド「ZWIFT e-Sportイベント」や、元プロ選手三船雅彦さんら豪華ゲストによる、速くなりたいサイクリスト向けの「アスリートワークショップ」、自治体・観光団体向けの「ニッポン サイクルツーリズム シンポジウム」など各種セミナーやシンポジウムも行われる。

 メイン会場となる幕張メッセ以外でも各種イベントが開催。2日には幕張メッセ周辺の道路を周回するJBCF(全日本実業団自転車競技連盟)のロードレース今季最終戦「幕張新都心クリテリウム」が行われる。会場に隣接する海浜幕張公園では2日と3日に、特設オフロードコースを疾走するUCI認定シクロクロスレース「弱虫ペダル 幕張クロス in サイクルモード」などが催される。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2019

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載