新製品情報2019エリートからバーチャルライド対応の固定ローラー「トゥオ」が新登場 外観もスマートに一新

  • 一覧

 サイクルアクセサリーブランドのELITE(エリート)から、新しいスタイルとテクノロジーを備えたスマートなホイールオントレーナー「TUO」(トゥオ)が新登場した。スリムでスマートなボディに、バーチャルライド対応などさまざまな最新機能を搭載した、軽量でリーズナブルなインタラクティブホームトレーナーだ。来年1月入荷予定で、現在予約受付中。

エリートからスマートなデザインに最新機能を搭載したホームトレーナー「TUO」(トゥオ)が新登場 © ELITE

 トゥオは後輪の車軸を両側から挟み込み、タイヤに負荷装置を押し当てて使う、クラシカルなホイールオンタイプ、いわゆる「固定ローラー」タイプのホームトレーナーだ。

 デザインは、モダンでシンプルかつ機能的なインテリアや家具デザインを得意とする「Adriano Design」が協力。既存のクラシックトレーナーとは一線を画した外観は、リビングルームにも溶け込むスマートさを実現。高品質な素材を用い、優れた堅牢性と、コンパクトに収納できるシンプルな構造が特徴だ。一般的なダイレクト・トランスミッション方式のインタラクティブトレーナーの、およそ半分から3分の2程度の重量なので、持ち運びも容易だ。

脚を畳むと負荷ユニット部で自立。コンパクトに収納が可能 © ELITE
使用時は広がる脚は畳むとコンパクト。負荷装置のローラーはエラストゲル採用 © ELITE

 タイヤと接する負荷装置のローラー部分には、エリート独自のエラストゲルを採用することで、摩擦音を大幅に減少。またトレーニング中のタイヤの摩耗も抑えている。

 100V電源で作動する電子制御マグネティック負荷ユニットを搭載し、低ケイデンス・高負荷に対応。滑らかな反応により、バーチャルライドでも実走と遜色ない走行感を実現する。登坂再現負荷は最大10%で、ハードなインターバルトレーニングにも必要十分な負荷を再現する。

アルミニウムのユニット、スチールフレーム、ブナ材の脚の組み合わせは頑丈で衝撃吸収性に優れる © ELITE
タブレットやコンピュータなどと接続し、バーチャルライドアプリやトレーニングアプリを利用可能 © ELITE

 さまざまな通信規格に対応する双方向通信機能を備え、エリート純正の高機能トレーニングアプリ「my E-Training」や、他社製アプリ「ZWIFT」「TrainerRoad」などが利用可能。また自転車側に取り付けたパワーメーターのデータを利用する「パワーメーターリンク」を搭載し、より正確なパワー値に基づいたトレーニングやライドを実現する。パワーメーターを自転車に取り付けていない場合も、トレーナーが独自アルゴリズムでパワー値を導くので、そのままでバーチャルライドを楽しむことができる。

 「my E-Training」は1年間の無料ライセンスが付属。数十種類のトレーニングプログラムが選べるほか、FTP計測、ペダリング解析などが可能だ。

■TUO(トゥオ)
税抜価格:55,400円
設置サイズ:680×690×410mm
収納サイズ:430×315×560mm
重量:約10.3kg
機能:
・自動負荷・最大再現勾配10%
・ANT+ FE-C、Bluetooth Smart 双方向通信(スピード、ケイデンス、出力を送信)
・パワーメーターリンク搭載
・磁気抵抗ユニットによる出力計測(誤差±3%)
・130-135mmQR、142-142mmTA 対応
・my E-Training1年間無料ライセンス付属

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

エリート スマートトレーナー ローラー台 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載