バイクインプレッション2019コーダーブルームがレーシングラインを刷新 ディスク専用設計の「ストラウス プロ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 日本人に寄り添ったブランドKhodaaBloom(コーダーブルーム)から、ディスクブレーキ専用設計のロードバイク「ストラウス プロ」が登場した。レーシングモデルをディスクブレーキ仕様に一本化した新ラインのハイエンドモデルで、トータルバランスを追求。2020年モデルの走りをいち早く試した。

コーダーブルームの新レーシングバイク「ストラウス プロ」 Photo: Masami SATOU

 コーダーブルームのレーシングバイクは、FARNA(ファーナ)が担ってきたが、2020年モデルから方針が変更。ストラウスシリーズがレーシングラインに、ファーナは長距離を快適に走るためのエンデュランスモデルという住み分けと位置付けられる。

トップチューブにはストラウスのロゴがあしらわれる Photo: Masami SATOU

 ストラウスシリーズは肉薄の軽量アルミフレームを用いた「ストラウス」と、航空機にも使用される東レのカーボン素材T800をメイン素材とした「ストラウス プロ」の2種類がラインナップ。今回試したバイクは後者だ。ディスクブレーキロードのトレンド、むしろ標準となったフラットマウント形状を採用し、スルーアクスルの剛性が走りを足元から引き締める。

 カラーは1種のみとやや寂しいが、このオーロラブルーが特徴的。角度によっては青から濃紺、紫へと表情を変える。光の当たり方によっても印象が変化して飽きを感じさせない。フレームは実用性とデザインを両立した曲線が多数用いられており、ひと際オーロラブルーの艶やかさが際立つ。

振動吸収性を高める扁平シートステー Photo: Masami SATOU
前後フラットマウントディスクブレーキはもはや標準に Photo: Masami SATOU

実重量より軽い一体感

 肝心の走りだが、乗り手のフィジカルを余すことなく引き出してくれる優れたバランス特徴的だ。ディスクブレーキのメリットであるスルーアクスルは高剛性化を手っ取り早く達成できるが、一つ間違えれば諸刃の剣。フレームの硬さが目立ち、逆に振りが重くなるなどのデメリットが存在する。

 ストラウス プロはディスクブレーキ専用に設計されたモデルであり、見事なトータルバランスであった。全体的に硬すぎず、乗り手のパワーを余すことなく受け止めてくれる。スプリントをかけても柔らかさやパワーロスは感じさせない。うまくディスク化のメリットを具現化させている。

扱いきれるレーシングバイクとして速さを示した1台 Photo: Masami SATOU

 車体全体の“塊感”が強いので、実重量7.9kgよりも乗って軽いと感じさせたのも特徴的であった。チェーンステーが短めの設定なので、押し出されるような軽快な加速も存分に味わうことができる。スプリントでもヒルクライムのダンシングでも生きる。扁平形状のシートステーが効いているのだろう、振動吸収性にも優れており、機敏な正確ながら長距離ライドにも頼もしい存在だ。

 フレーム販売のみとなるため、リムブレーキのバイクユーザーは新たにコンポーネントを用意する手間はかかるだろう。しかし、それに相応しい速さと扱いやすさを兼ね備えたストラウス プロは、多くの日本人ユーザーを満足させてくれるはずだ。

■コーダーブルーム「ストラウス プロ」
税抜価格:248,000円(フレームセット)
サイズ:480、510、540
カラー:オーロラブルー

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

コーダーブルーム バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載