乗鞍ヒルクライムを立ち上げたパイオニアサイクルアドバイザーの山口文知氏が講演 自普協・自転車セミナーが11月21日に開催

  • 一覧
サイクルアドバイザーの山口文知氏 ©日本自転車普及協会

 日本自転車普及協会が11月21日(木)、東京・目黒の自転車総合ビルでサイクルアドバイザーの山口文知氏を招き、「地方活性化を担ったサイクルスポーツイベントとサイクルツーリズムについて」をテーマに自転車セミナーを開催する。セミナー参加費は1000円(セミナー+懇親会は2000円)で、定員は60人としている。

 山口氏は、1992年に日本サイクリング協会に入社し、サイクリングインストラクター等の野外活動指導者の育成や初心者を対象にしたサイクリング教室に従事する傍ら、いまや4000人規模の参加者が集うヒルクライムイベント「マウンテンサイクリングin乗鞍」(旧乗鞍ハイランドフェスティバル)等多数のイベントを立ち上げた。近年は日本サイクリングガイド協会との協力でガイド育成のためのカリキュラムや検定問題等を作成するなど、サイクリングに関わる人材育成に尽力している。

 セミナーでは、数多くの自転車イベント開催を手掛けた経験や、そこで培ってきたリスクマネジメントの知識をもとに、サイクルスポーツイベントとサイクルツーリズムのあり方について語る。

第3回自転車セミナー

テーマ:「地方活性化を担ったサイクルスポーツイベントとサイクルツーリズムについて」
日時:2019年11月21日(木)18時~21時(懇親会は19:40~)
会場:自転車総合ビル6階 601会議室
住所:東京都品川区上大崎3-3-1(※目黒駅下車)
参加費:セミナーのみ1,000円/セミナー&懇親会2,000円(当日、受付にて現金で支払い)
定員:60人
お申込み・詳細はこちら⇒:http://www.bpaj.or.jp/?tid=101468

この記事のタグ

セミナー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載