バイクインプレッション2019冒険心をくすぐる豊富なキャパシティ GT「グレードカーボン エキスパート」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 GTのグラベルロード「グレード カーボン エキスパート」をインプレッション。GTのアイデンティティを色濃く反映したトリプルトライアングルフレームを採用し、乗り心地と高いパワー伝達効率を実現。冒険心をくすぐる1台を試した。

走る場所を選ばないGTのグラベルロード「グレードカーボンエキスパート」 Photo: Masami SATOU

走りに合わせたジオメトリーに

 細めのタイヤで、大きな前傾姿勢、繊細なバイクコントロールが必要となるロードバイクにいつも乗っていると、ふとグラベルロードに乗りたくなる。路上の凹凸や、状況変化でも柔軟にいなし、道をわざと逸れたくなるような気持ちに変えるグラベルロードは頼もしくもあり、ライド中のその一瞬一瞬を常に心躍る時間に変えてくれる。

 グレード カーボン エキスパートは、その全てを満たしてくれるグラベルロードバイクのひとつ。乗り手のスタイルに合わせる深い懐を持つ1台だ。遊び方が広義なジャンルのバイクではあるが、シチュエーションごとに求められるスペックが詰め込まれており、拡張性の高さが魅力となっている。

シートチューブがフローティングしたトリプルトライアングル Photo: Masami SATOU

 ダウンチューブだけでなく、フロントフォークやトップチューブまでもダボ穴を多数備え、バッグやフェンダーを搭載することが可能。多くの荷物を載せ、車体が重くなるとバランス取りが困難になったとしても、フロントフォークエンドに備わった「フリップチップ」がこれを解決する。通常、55mmのオフセットを、70mmへと変更が可能になるシステムで、例えばスピードや機敏なコントロールが求められる場合では55mmに、荷物を車載しつつ安定したハンドリングを求める際は70mmにとシチュエーションに合わせたセッティングを変更できるのが大きな特徴となる。

 また、オプションのアダプターを利用すると180mm径のディスクブレーキローターが使用可能になるのもポイント。より制動力に優れた大型ローターで、装備で重くなった車体を止める際にサポート力を発揮してくれるはずだ。

650B規格のタイヤも使用可能 Photo: Masami SATOU
オフセットを変更できるフリップチップフォークを採用 Photo: Masami SATOU

 見逃せないのがGTの代名詞ともいえるトリプルトライアングル形状を採用していること。マウンテンバイクでも長年用いられているリア三角を小さくした設計で、駆動効率と振動吸収性を可能にしている。グレード カーボン エキスパートは、さらにシートチューブとシートステーが接続せず、フローティング。極細に仕上げらえたシートステーとの相乗効果で、快適性を大幅に向上させている。

様々なシチュエーションに対応するスペックを持ち合わせた懐の広い1台 Photo: Masami SATOU

 舗装路を外れ、草地や砂利道に突っ込んでいっても、しなやかなフレームが振動をいなし、ペダリングの力を路面へとしっかり伝えてくれる。舗装路走行時よりも低い速度ではあるが、ひと漕ぎごとに楽しさを感じるのはこちら。筆者は未舗装路テクニックにやや不安を覚えるので、タイヤを650Bのモチモチ仕様にして走破したいと思った。

 純粋なグラベルライドのみならず、シティライド、キャンプ、ロングツーリングなど無数の遊び方が思い浮かぶグレード カーボン エキスパート。ベースとなる車体のスペックも十分なので、そのキャパシティをいかんなく発揮した遊び方で乗り倒したい1台であった。

■GT「グレード カーボン エキスパート」
税抜価格:298,000円
サイズ:48、51
カラー:サテンジェイド

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

グラベルロード バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載